NEWS
2016年04月15日 14時17分 JST | 更新 2016年04月16日 00時01分 JST

熊本・大分に広範囲な被害 震度6強の地震相次ぐ(UPDATE)

【UPDATE】2016/04/16 6:30

4月16日午前1時25分ごろ、熊本県熊本地方を震源とする強い地震があり、熊本市中央区・東区・西区や南阿蘇村、宇城市などで震度6強、阿蘇市や天草市などで震度6弱を観測した

震度5強の揺れも、福岡、佐賀、宮崎など九州各県で観測されたほか、関東や東北地方まで広範囲にわたって震度1以上の揺れを観測した。

kumamoto

気象庁によると、震源の深さは約13km、マグニチュードは7.3と推定される(当初発表のM7.1から修正した)。14日夜からの一連の地震の中では最も強く、1995年の阪神・淡路大震災とちょうど同じ強さとなる。

その直後の1時44分ごろには最大震度5弱、1時46分ごろには最大震度6弱の地震を立て続けに観測した。

3時59分ごろには、熊本県阿蘇地方を震源とする地震があり、熊本県産山村で震度6強、阿蘇市、南阿蘇村で震度5強、南小国町、熊本高森町や大分県竹田市などで震度5弱を観測した

kumamoto

気象庁は、熊本県西岸の有明・八代海沿岸に、津波注意報を発表した。14日以降の熊本県を震源とする熊本地震で、津波注意報が出されたのは初めて。津波注意報は午前2時14分にすべて解除された

原子力規制庁は、九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)1・2号機に異常はなく、運転を続けているほか、運転停止中の九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)、四国原発伊方原発(愛媛県伊方町)にも異常はないという。NHKニュースが伝えた。

西原町や益城町で計6人が下敷きになっているとの情報や、多数のけが人が熊本県内の病院に来ているとの情報もある。

菅義偉官房長官は16日未明に緊急記者会見し、消防などへの通報が熊本で300件以上、大分でも100件以上相次いでおり、土砂崩れ、閉じ込め、生き埋めなど、両県で甚大な被害の恐れがあると述べた。安倍晋三首相も記者団に「被害が広範にわたっている可能性がある」と話した。

関連記事

熊本で震度7(2016年4月22日更新)