NEWS

森高千里、故郷・熊本の被害に心痛「言葉になりません」 【熊本地震】

2016年04月15日 23時19分 JST | 更新 2016年04月15日 23時58分 JST

oricon style

森高千里、故郷・熊本の被害に心痛「言葉になりません」

熊本県出身の歌手・森高千里(47)が15日、公式サイトを更新。きのう14日夜、熊本県益城町で震度7を観測した地震が発生したことを受け「まだまだ大変な時間を過ごされていると思います。心よりお見舞い申し上げます」とコメントした。

「速報が入り、すぐに自宅に電話をしたのですが、やはり電話は繋がらず心配していました」という森高。その後「すぐ母から電話が入り無事だという事を聞きました。電話が繋がりづらかったので、兄家族、友達にもSNSを使って連絡をとりました」と地震後の状況について説明。

「熊本はあまり地震がない地域なので、かなり揺れたので両親を含めみんなビックリして、かなり怖かったようです。家の中の棚や食器、飾ってあった絵等、、、いろんな物が落ちてきて割れてしまったようです」と明かし、「テレビでも地震の状況が映り出されていて、私もかなりショックを受けています」と胸中をつづった。

続けて「亡くなられた方、怪我をなされた方がたくさんいらっしゃると聞いて、言葉になりません。どうかもう被害がこれ以上ひどくなりませんように。そして避難されてる方が早く自宅に戻れますように祈っています」と願い「まだ余震もかなりの頻度で起こっていて、ほんとうに怖いと思いますが、どうか早く余震もおさまりますように。週末は天候も心配です。熊本の皆さん、どうか皆さま、お気をつけてお過ごしくだい」とメッセージした。

【関連記事】

関連記事

熊本で震度7の地震(2016年4月14日)