NEWS

【UPDATE】熊本・大分で強い地震続く 一連の地震で41人死亡

2016年04月15日 20時17分 JST | 更新 2016年04月17日 00時44分 JST
Taro Karibe via Getty Images
MASHIKI, JAPAN - APRIL 16: A road newly damaged by the 7.3 magnitude earthquake is seen on April 16, 2016 in Mashiki, Kumamoto, Japan. A 7.3 magnitude earthquake hit Kumamoto prefecture once again on April 16, 2016 after the 6.4 earthquake on April 14, 2016 killed nine people. (Photo by Taro Karibe/Getty Images)

4月16日の地震、まとめ

  • 16日午前1時25分ごろ、熊本地方を震源とする最大震度6強の地震(M7.3)
  • 気象庁は16日が本震、14日の地震は前震との見解示す
  • 南阿蘇村で土砂崩れ。東海大学農学部の学生寮が倒壊。学生とみられる11人が生き埋めに
  • 阿蘇大橋が崩落。阿蘇神社の2階建ての楼門が倒壊
  • 阿蘇山、中岳で小規模な噴火。地震との関連性は不明
  • 熊本県最古の西洋建築「ジェーンズ亭」が倒壊
  • 雨風強まるおそれ、阿蘇市などに避難勧告
  • 14日以降の地震で、これまでの死者は41人

----

4月16日午前1時25分ごろ、熊本県熊本地方を震源とする強い地震があり、最大震度6強を観測。午前3時55分には、熊本県阿蘇地方を震源とする最大震度6強の地震を観測した。熊本、大分を震源とする地震が現在も続いている。

気象庁は16日午前1時25分ごろの地震について、自身の規模を示すマグニチュード(M)は7.3(暫定値)と推定。14日のM6.5、最大震度7の地震は前震と考えられるとの見解を示した

16日早朝に記者会見した菅義偉官房長官は「閉じ込め53件、生き埋め23件、崩落等が生じている」と明らかにしており、被害はさらに増える恐れがある。

【UPDATE】2016/04/17 0:43NHKニュースは、14日以降の地震で、熊本県内では41人が死亡したと報じた。

■各地の被害状況

熊本県八代市では地震後に木造2階建てアパートが火災で全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかった。また、済生会熊本病院(熊本市南区)では、14日の地震以降に搬送された2人が死亡した

熊本県南阿蘇村では大規模な土砂崩れが発生し、東海大学農学部の学生寮が倒壊。学生とみられる11人が生き埋めになった。消防などが助け出したが、少なくとも1人が心肺停止状態で、1人はドクターヘリで搬送された。

また、この地震で阿蘇大橋が崩落。国の重要文化財に指定されている阿蘇神社の2階建ての楼門が倒壊した。

aso

熊本空港はターミナルビルが停電し、壁や天井が壊れたため、全日空と日本航空は16日の発着便全便の欠航を決めた

関連記事

熊本で震度7(2016年4月22日更新)