NEWS

聖蹟桜ヶ丘のビル解体現場、強風でパネルが崩落 (動画)

2016年04月18日 01時31分 JST | 更新 2016年04月18日 01時43分 JST

4月17日、東京都多摩市の京王線・聖蹟桜ヶ丘駅の近くの解体中のビルの周囲を覆っていたパネルが強風によって崩落し、周辺は通行止めとなった。NHKによると、けが人はいなかったという。

気象庁によると、都内を中心に強風注意報が発令されており、八王子市では午前10時すぎに風速26.6メートルを記録していた。現地の目撃者からは動画や写真がTwitterに投稿されている。