NEWS

「これがパニック障害なの」女性は、たった2枚の写真で伝えた

2016年04月18日 18時43分 JST | 更新 2016年04月19日 15時15分 JST

パニック障害とはどういうものか。実際に経験したことがなければ、完全に理解するのは難しいだろう。

それをわかってもらいたいと、イギリス人のアンバー・スミスさんがFacebookに投稿したのが「不安とうつを抱える生活」を表現した2枚の写真だ。

一枚目は自分を良く見せた自撮り、2枚目はパニック障害に襲われた直後の写真だ。

キャプションにはこう書かれている。

上:ソーシャルメディアで世界に見せている私。着飾って、メイクをして、加工しています。「ノーマル」な私です。

下:今夜、パニック障害がでた直後に撮りました。ほとんどの人が知らないもう一人の「ノーマル」な私です。

アメリカでは、成人の4人に1人が心の病を抱えていると言われている。それにも関わらず、今でもメンタルヘルスの問題に対して偏見があることに憤りを感じる、とスミスさんは綴った。

「多くの人たちがメンタルヘルスの問題についてほとんど知っていないし、批判的です。そのことに本当にがっかりさせられてきました。私は長年にわたって、不安障害やうつと闘っています。でも今でも『きっと乗り越えられるよ』とか、『薬なんか飲まなくていいのに。明るくしていればどうにかなるよ』『まだ若いのに、心の病になるなんて』と声をかけてくる人たちがいます」

スミスさんの投稿は3万5000人以上の人にシェアされている。そして、コメント欄には多くの励ましのメッセージが書き込まれている。「100%、あなたを支持します。心の病だと診断されたとき、なんて精神が弱いんだと自分を恥じました。でも今ならわかります。弱かったのではなく、思っていたほど強くないときがあっただけだって。もう恥ずかしいだなんて思いません」。他にも多くの人たちが、自分の経験を投稿してくれたスミスさんに感謝している。

スミスさんが写真を投稿した理由の一つは、苦しんでいる他の人たちを励ますためだった。「もっと多くの人に理解してもらえれば、苦しむ人たちが一人でも減るでしょう」と、彼女は書いている。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼関連スライドショー(写真をクリック)▼

ほとんど知られていない、身体を傷つける不安障害

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png