NEWS

「UFOの極秘ファイルを開示する」ヒラリー・クリントン氏が前代未聞の選挙公約

2016年04月19日 23時15分 JST | 更新 2017年04月28日 14時38分 JST

大統領選を戦う候補者たちは、ありとあらゆる公約をする。しかし2016年、ヒラリー・クリントン氏がついに、歴代大統領候補者たちが誰も足を踏み入れなかった領域に、踏み込んだ。

彼女はどうやらこう約束するつもりのようだ。「UFOの政府極秘ファイルを調査し、機密扱いを解除して、国民に公開する」と。

これは、CNNのジェイク・タッパー氏とクリントン氏の選挙事務長ジョン・ポデスタ氏とのやりとりで、4月7日に明らかになった。

2人はこんな会話を交わしている。

タッパー氏:クリントン氏が大統領になったら、エリア51(極秘戦闘機が開発されているネバダ州の空軍基地。UFOの研究が行われていると考えられている)をどうするつもりなのでしょうか。アメリカ政府は、宇宙人について何か知っているのでしょうか?

ポデスタ氏:クリントン前国務長官が大統領になれば、彼女はアメリカ連邦政府の持つ、全てのUFO記録の開示を要求するでしょう。

タッパー氏:あなたは以前、ホワイトハウスで大統領首席補佐官でしたが、これらの文書を見たことがありますか?

ポデスタ氏:ビル・クリントン元大統領は、エリア51についての情報の開示を要求していました。未確認飛行物体について一体何が行われているのか。人々が疑問に思うのは当然です。アメリカ政府は、この疑問に対して、もっと適切な回答ができるし、アメリカ国民も真実に向き合うことができると思います。政府は徹底的な調査をし、その情報を開示すべきです。

タッパー氏:その真実とは何でしょう? 宇宙人が存在するという証拠はあるのですか?

ポデスタ氏:それを判断するのは国民です。アメリカ政府が持つあらゆる証拠を見て初めて、それはわかるでしょう。

タッパー氏:個人的には、どう思われますか?

ポデスタ氏:私がどう思うか? 宇宙にはありとあらゆる惑星があると思っていますよ。

ヒラリー・クリントン氏自身も、3月24日の「ジミー・キンメル・ライブ!」に出演した際、UFOに関する極秘ファイルの開示を成功させると、有権者に訴えた。

「ファイルを詳しく調査したいと考えています。成功すれば、可能な限り国民に開示します。もし何も見つからなければ、何もなかったと皆さんにお伝えします。もし何か見つかり、それが国家の安全保障を脅かさないものだったら、皆さんと共有すべきだと思います」

またニューハンプシャー州コンウェイでも、クリントン氏はこう発言している。地元紙「コンウェイ・デイリー・サン」に、夫のビル・クリントン氏の「いつの日か宇宙人がやって来たとしても、私は驚かないだろう」という発言について尋ねられた同氏は、「もうやって来ているかもしれませんね。はっきりと知っているわけではありませんが」と述べた

一連のクリントン氏とポデスタ氏の発言は、何を意味しているのだろう?民主党の大統領候補を指名する党大会を3カ月先に控えていることを考慮すると、ふたりはどうやら冗談を言っているわけではなさそうだ。

大統領選が白熱するにつれ、「UFO」は彼女の切り札になるだろうか?

いや逆に、ライバルが彼女の信頼性を疑問視する理由としてUFOを取りあげるだろうか?

それはそれで、面白い展開になりそうだ。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼関連画像集▼

2015年に目撃されたUFO

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png