NEWS
2016年04月20日 16時33分 JST | 更新 2016年04月20日 16時41分 JST

菅義偉官房長官、熊本地震 は「大震災級という状況ではない」

ASSOCIATED PRESS
FILE - In this Feb. 10, 2016, file photo, Japan's Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga speaks to the media during a press conference at the prime minister's official residence in Tokyo. Japanese government spokesman Suga said Monday, March 28, 2016, that Japan would stand by its non-nuclear weapons stance, after U.S. presidential candidate Donald Trump said he would be open to Japan and South Korea having nuclear weapons. Suga told reporters Monday that “the three principles of not owning, making or allowing nuclear weapons remain important government basic policy.” (AP Photo/Shizuo Kambayashi, File)

菅義偉官房長官は4月20日の記者会見で、熊本県などで相次いでいる地震は、2016年4月の消費税率の引き上げについて安倍晋三首相が引き上げを再延期する条件として挙げている「東日本大震災級の事態」には当たらないとの認識を示した。再増税については予定どおり引き上げる方針を強調した。

菅官房長官と報道陣とのやりとは次の通り。

――今回の熊本の地震を受けて、消費税を来年4月に引き上げるという考えには変わりないでしょうか。


そこについては、全く現時点においては変わらないということです。


――消費増税についてなんですが、稲田(朋美)政調会長が日経新聞のインタビューの中で、経済に深刻な影響を与えると判断した場合は、1%ずつ上げるという考えも選択肢としての考えもあると示しました。この考え方については、長官、いかがでしょうか。


それは政調会長の考え方なんでしょ。政府の考え方は、総理が言っていますように、基本的にそうした環境の変化があるというふうには現時点では考えていません。


――政府として、1%ずつ刻んで上げていくとのことは、選択肢としてはないと。


今まで考えたことはないです。


――現時点において消費税については変わらないとのことですけども、かねてから、リーマン・ショックか大震災のようなことが起きなければ、先送りはしないとのことですが、だいぶ地震の全容が見えてきた今、今回の地震については東日本大震災のようなものには当たらないとお考えでしょうか。


経済の好循環を力強く回していく、ここに政府として全力を取り組んでいるわけでありますから、そうした状況ではないというふうに判断しています。


消費増税について、安倍首相は「リーマン・ショックや大震災のような事態が発生しない限り、予定通り引き上げる」と繰り返している。だが熊本地震では、トヨタ自動車の生産停止など企業活動に影響が出ており、与党内でも増税を先送りするとの見方が出ている

関連記事

熊本県出身の有名人