Huffpost Japan

トランプ氏、東部5州で全勝 クリントン氏も過半数獲得へ前進【アメリカ大統領選】

投稿日: 更新:
CLINTON TRUMP
FILE - In this April 4, 2016 file photo, Republican presidential candidate Donald Trump speaks in Milwaukee. Fifty-five percent of Americans say they have a negative opinion of Democratic front-runner Hillary Clinton. But that’s not nearly as bad as how they view the leading candidate for the Republican nomination, Donald Trump. (AP Photo/Charles Rex Arbogast) | ASSOCIATED PRESS
印刷

2016年アメリカ大統領選挙に向けた2大政党の候補者指名争いは、4月26日、ペンシルベニア州、メリーランド州など東部の5州で民主、共和両党の予備選があった。

ニューヨーク・タイムズなどによると、共和党は、獲得代議員数でトップを走る不動産王ドナルド・トランプ氏が、コネティカット、デラウェア、メリーランド、ペンシルベニア、ロードアイランドの5州すべてで勝利を確実にした。民主党もヒラリー・クリントン前国務長官が4州で勝利を確実にした。

両者とも、7月の全国党大会で指名を得るのに必要な、全代議員の過半数獲得に向け大きく前進した。CNNによると、獲得代議員数でトランプ氏は、過半数(1237人)にあと300人弱、クリントン氏もバーニー・サンダース上院議員との差を広げ、過半数(2383人)にあと約300人に迫っている。トランプ氏は、19日のニューヨーク州以降、東部の州で勝利を重ねており、一時は厳しいとみられていた過半数獲得が現実味を帯びてきた。

Also on HuffPost:

Close
米大統領選候補者の顔ぶれ(2016年)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

米候補者選び 共和党トランプ氏が全5州で勝利確実

トランプ氏躍進、冷や汗の日本外務省 「まさかの展開」

若者の支持率、クリントン氏がトランプ氏を圧倒

まるでトランプ氏? 「暴言」のフィリピン大統領選候補