NEWS

「進撃の巨人」が熊本地震の募金呼びかけ 大分出身の諫山創さん「何かできることはないか」

2016年04月30日 17時15分 JST | 更新 2016年04月30日 17時56分 JST

人気漫画「進撃の巨人」の作者、諫山創(いさやま・はじめ)さんが4月29日、この日開幕した「ニコニコ超会議2016」の会場で、熊本地震の被災地を支援する募金を呼びかけるイラストを発表した。

shingeki

諫山さんは、地震で被害を受けた大分県日田市の出身。ハフポスト日本版がドワンゴの担当者に取材したところ、諫山さんは熊本地震の被災地のために「超会議で漫画家の自分に何かできることはないか」と考えていたという。そこでドワンゴに相談したところ、ニコニコ超会議の会場で熊本地震への募金箱が設置されることを知らされ、募金を呼びかける今回のイラストを書き下ろした。「ニコニコ超会議2016」終了後、このイラストがどうなるかは未定だという。

「ニコニコ超会議2016」は4月30日(土)で閉幕するが、募金自体は5月31日(火)午後5時まで特設サイトで受け付ける。寄付先は、ネット上のアンケートを経て配分を決める予定だ。アンケートの詳細は特設サイトにて後日告知される。

関連記事

ニコニコ超会議2016 コスプレ画像集(4月30日)