Huffpost Japan

桂歌丸さんが「笑点」大喜利司会を引退へ 50年間の思いを語る

投稿日: 更新:
印刷

日本テレビ系「笑点」(日曜午後5時半)の5代目司会者・桂歌丸(79)が、5月22日の生放送を最後に、大喜利司会者を退くことが分かった。4月30日、スポニチなどが報じた。

東京・後楽園ホールで行われた「笑点50周年記念スペシャル」(5月15日放送予定)の収録に参加。「来週(5月22日)を放送を最後に、大喜利の司会をやめさせていただきたいと思っております」と勇退を宣言した。

収録後に、大喜利メンバーとともに会見に出席。司会を退く理由について「体力の限界」などと以下のように語った。

「体力の限界です。歩くのが大変に苦しい。歩くと息切れがしてしまう。これ以上続けますと、迷惑をかけてしまう」と、09年に患った肺気腫の影響が大きいとした。昨年夏には腸閉塞(へいそく)で入院するなどしている。

心境を聞かれると「正直言いまして、さみしいですよ。50年間、しゃかりきになってやってきた番組。でもふんぎりをつけなければ席を譲ることはできない」。

桂歌丸が「笑点」司会引退「体力の限界です」 - 芸能 : 日刊スポーツより 2016/04/30 14:54)

今後については、「若い方にお譲りして、60年、70年と続けてください。別に落語家をやめるわけではありません。まだまだ覚えたい話があります。(今後も)落語をやる以外にない」と落語への思いを口にした。

1月に歌丸から引退の意向を聞いたという大喜利メンバーは、「聞いた時は呆然とした。死ぬまでやったらいいと思っていた」(三遊亭円楽)、「とにかくびっくり。わからない。こういうのを呆然と言うんだな」(林家木久扇)などと語った。

歌丸は今後、終身名誉司会に就任し、「笑点」の直前に放送される5分番組の「もう笑点」には出演する。日本テレビによると、歌丸の後任司会は検討中だという。

歌丸は1966年5月15日に始まった「笑点」の第1回から出演、大喜利メンバーとして活躍し、06年から司会を務めてきた。

▼画像集が開きます▼

Close
「笑点」 出演者 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

他のサイトの関連記事

歌丸、『笑点』で仕事復帰「あと50年は…」 司会交代説に円楽「不愉快 ...

桂歌丸が体調不良で休養発表 『笑点』収録もお休み | ORICON STYLE

桂歌丸「笑点」50周年で大喜利司会引退発表 ラストは5月22日生放送

歌丸「笑点」大喜利司会卒業に反応続々「寂しい」「後任は誰?」