Huffpost Japan

「ピンクSL」若桜鉄道に登場 蒸気機関車をこの色に塗り替えた理由があった(画像集)

投稿日: 更新:
印刷

鳥取県内を走る第三セクター「若桜鉄道」で5月1日、ピンク色の蒸気機関車がお披露目された。

若桜鉄道の担当者によると、保有している1938年製の蒸気機関車「C12」を全面ピンク色に塗り替えた。

鳥取県は数年前から「ピンク醬油」「ピンクカレー」など、イメージカラーとしてピンクを売り出している。2013年に駅舎全体をピンクに塗り替えた智頭急行の恋山形駅と並び「鳥取全体の町おこしのために、ピンクをアピールしたい」と企画されたという。

5月3、4、5、8日のいずれも午前11時、午後1時30分、午後3時15分の3回、トロッコ車両を連結して若桜駅構内を運転する。塗装は5月9日以降、元の黒に戻される。

以下のスライドショーで、塗り替え作業の様子も見ることができる。

ハフィントンポストの人気記事

Close
若桜鉄道「ピンクSL」お披露目まで
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

若桜鉄道株式会社ホームページ - InfoSakyu

若桜鉄道:「恋の日」にピンクのSL登場 鳥取 - 毎日新聞

若桜鉄道株式会社 - Facebook

若桜鉄道にピンク色のSLが走る 鳥取県に新たな“ピンクスポット”登場 ...