Huffpost Japan

「2次元小説」の衝撃。約180文字で70通りの読み方

投稿日: 更新:
印刷

わずか185〜186文字で、70通りの読み方ができる「2次元小説」が静かなブームとなっている。大阪大学で物理学を研究している橋本幸士教授が考案した。21文字の文章を5列ずつの格子状に配列しており、ルートの選び方によってストーリーが変わるのが特徴だ。

「むっちゃ面白い」「80年代のアドベンチャーゲームブックを思い出した」などと、ネット上で注目が集まり、4月28日の投稿から1週間で1万7000回以上のリツイートされるなど注目を集めている。


■他の人も続々投稿

橋本教授の投稿に触発されて、同じアイデアで別のストーリーを投稿する人も現れた。桃太郎や金太郎が現れる昔話や、ドラゴンやゴブリンが登場するファンタジー小説など趣向を凝らした作品が続々と投稿されている。あなたも時間のあるときに、チャレンジしてみるといいかも。



画像集が開きます

Close
ヨーロッパの美しい城50選
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡