Huffpost Japan

桟橋のすぐそばに現れたザトウクジラ 大口を開けて食事する様子が大迫力

投稿日: 更新:
印刷
spinner

アメリカ、アラスカ州最南端の都市ケチカンで5月2日、ザトウクジラが突然船着き場に現れた。

ナショナルジオグラフィックによると、ザトウクジラは大口を開き、「バブルネットフィーディング」と呼ばれる方法で餌を捕食している。

動画を撮影した漁師のサイ・ウィリアムスさんはCaters TVに「息が止まるようでした。とても大きかったので船や桟橋に当たるのではないかと思いました」と語った

▼画像クリックで開きます▼

Close
クジラのジャンプ!
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド