NEWS

イタリア、結婚に準ずる権利認める 同性カップル権利法が成立

2016年05月12日 15時33分 JST | 更新 2016年05月12日 15時43分 JST
FILIPPO MONTEFORTE via Getty Images
Supporters of same-sex civil unions stand outside the Italian Parliament in Rome on May 11, 2016. Italy's parliament gave a green light for the introduction of gay civil unions in the last major Western country not to legally recognise same-sex relationships. Lawmakers in the lower-house Chamber of Deputies voted 369-193 in favour of a vote of confidence in the government which makes final approval of the divisive civil unions bill automatic / AFP / FILIPPO MONTEFORTE (Photo credit should read FILIPPO MONTEFORTE/AFP/Getty Images)

イタリアで5月11日、同性カップルに結婚に準じた権利を認める「シビル・ユニオン」の合法化法が下院で可決した。上院でも2月に承認されており、近く成立する。ハフポスト・イタリア版などが報じた。

同性愛をタブー視するキリスト協カトリックの総本山バチカンのお膝元であるイタリアでは、同性愛者の権利に関する法整備が難航。多くの西欧主要国の中で唯一、同性婚やシビル・ユニオンを公的に認知する制度がなかった

欧州人権裁判所が2015年、イタリア政府が同性婚や同性間のパートナー関係を認めないのは、人権侵害に当たるとの判断を示し、取り組みが進められてきた。

新法では、同性カップルは同じ姓を名乗ることができ、パートナー死去時の年金受給や遺産相続の権利が認められている。ただ、当初は法案に盛り込まれていた、同性カップルが異性との間でもうけた子どもを養子として認めるとの条項は、保守派の抵抗により削除された。

レンツィ首相は公式Facebookページで、「多くの人にとって記念すべき日となった。ついに認められたと感じる人も、今夜は眠れなかった人も、どこで祝おうかと思っている人も、もう待てないと思っていた人も」などと書き込んだ。

これにより、G7の主要7カ国で同性カップルに関する国の法律がないのは日本のみとなった。

▼画像集が開きます▼

「東京レインボープライド2016」パレード