Huffpost Japan

強行採決した安保法の議事録、1カ月後に加筆 。「事実ねじ曲げ」 と批判の声も

投稿日: 更新:
JAPAN DIET
Opposition lawmakers surround chairman Yoshitada Konoike (L) as lawmaker Masahisa Sato (2nd L) gestures during the Upper House's ad hoc committee meeting on the controversial security bills, at the National Diet in Tokyo on September 17, 2015. Japan's ruling and opposition parties remained deadlocked in parliament early on September 17 over proposed security bills as thousands took to the streets in protests against legislation that could see troops fight overseas for the first time in 70 years. | YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images
印刷

与党側が安全保障関連法を強行採決した2015年9月の参院特別委員会で、議事録の未定稿では「速記が中断」と書かれていたのに、1カ月後の正式な議事録では「速記を開始」と過去に例のない対応したことを、野党側が問題視している。5月17日の参院予算委員会で、民進党の福山哲郎氏が「事実をねじ曲げる。歴史に背くことになる」と安倍首相を追及した。テレ朝newsなどが報じた。


■「速記中止」だったはずが…

安保関連法は参院平和安全法制特別委員会で審議され、2015年9月17日に与党などが野党の反発を押し切って採決した。成立直後に参院事務局が作成した未定稿の議事録では、混乱する会議場を「速記中止」「発言する者多く、議場騒然、聴取不能」と記した。しかし同年10月11日の公式の議事録では「速記を開始」「質疑を終局した後、いずれも可決すべきものと決定した」などの文言が加わっていたという。この間に同委員会は開かれていなかった。

福山氏は「速記が中断し議場騒然になったのに、『速記を開始』という文言を入れたり、補足をした例が、過去に参議院の議事録にあるか」と質問。これに対し、中村剛・参院事務総長は「会議録末尾の補足掲載中に、速記を開始した旨の記録があるものは、昨年の通常国会9月17日の平和安全特別委員会の例、1件だけ」として、過去に例がない対応だったことを明らかにした。


■安倍首相「国会のことは国会に任せる」

「これはまさに事実をねじ曲げる。歴史に背くことになる」として福山氏は、安倍首相に「議事録をもう一度精査し直せと、そういう指示を出していただけませんか」と要請。しかし、安倍首相は「国会のことは国会に任せる。そういう方針でやってきている」と述べるに留まった。

画像集が開きます

Close
安保関連法案・国会の内と外
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡