Huffpost Japan

民進党のロゴマーク「井村屋に似ている」の声も 岡田代表の説明は?

投稿日: 更新:
印刷

民進党は5月19日、公募していた党のロゴマークを決定し、岡田克也代表が党本部での記者会見で発表した

民進党の頭文字「M」を赤と青で図案化したもの。岡田氏は、マークの解釈について「いろいろあっていい」とした上で「未来に向かって共に進むという意味を持っている。躍動感のあるいいマークだと思う」と語った。

■ネットでは「井村屋に似ている」という声も

minshin
民進党ロゴマーク(左)と井村屋ロゴマーク。いずれも公式サイトより

新ロゴをめぐっては、最終候補4作品の1つとして発表されると「食品メーカー井村屋のロゴマーク似ている」といった意見が、ネット上の意見募集で寄せられていた。これを受けて岡田氏は、自ら井村屋に連絡し「問題ない」と了承を得たと会見で明かした上で、「我々とはコンセプトが違う」と経緯を説明した。

井村屋の公式サイトによると、ロゴマーク(通称アイアイマーク)は「母と子のきずな」を表現しているという。アルファベットの「i」を人に見立て、「母と子の楽しいひとときを表現し、人と人とのつながりを大切にする井村屋グループの姿勢を表しています」と説明している。ハフポスト日本版は井村屋に電話取材を申し込んだが「現在担当者が不在です」との回答だった。

■岡田氏「浸透できるようにしていきたい」

ロゴは、都内の広告デザイナー三田村博和さんの作品。3676件の応募の中から4案に絞られ、地方県連や約800のネット投票、国会議員の投票で、最終的に三田村さんのA案が選ばれた。三田村さんには謝礼として30万円が支払われる

岡田氏は「しっかり浸透できるように参院選もあるので努力していきたい」とロゴの認知度向上に努める方針を述べた。ただ、赤と青のカラーリングの意味について質問されると「青色が党のテーマカラーだが、ロゴのカラーリングの意味については、特に作者には確認していない」と答えた。

民進党の前身である民主党には「民主くん」というゆるキャラがいたが、新ロゴ決定を受けて、福山哲郎幹事長代理は「新たなゆるキャラを検討している」と述べた。民主くんは公式Twitterで「政界引退したボクには関係のないことですが」と前置きしつつ、井村屋の「あずきバー」との2ショットを披露した。

▼画像集が開きます▼

Close
こんな政党があった
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡