Huffpost Japan

イチロー、急遽の先発出場で今季初4安打 コメントは?【画像集】

投稿日: 更新:
ICHIRO 21 2016
The Miami Marlins' Ichiro Suzuki runs to third base during the eighth inning against the Washington Nationals on Saturday, May 21, 2016, at Marlins Park in Miami. The Marlins won, 3-2. (Matias J. Ocner/Miami Herald/TNS via Getty Images) | Miami Herald via Getty Images
印刷

アメリカ大リーグ・マーリンズのイチロー外野手(42)が5月21日、ナショナルズ戦に「1番・レフト」で先発出場し、今シーズン初めての1試合4安打をマークした。スポニチなどが報じた。

イチローは正左翼手のイエリチが試合前に背中の違和感を訴えたため、急きょ、「1番・左翼」で先発出場。それでも、42歳のベテランは初回の第1打席で中前打を放つと、続く第2、3打席でもそれぞれ左前に打球を運び、今季初の1試合3安打を記録した。

活躍はこれだけに留まらず、6回の第4打席では四球を選び、さらに8回の第5打席では今季3本目の二塁打も飛び出した。全打席出塁で存在感をアピール。
 
4安打固め打ち!イチローの打撃を指揮官絶賛「見ていて楽しい」 ― スポニチ より 2016/05/22 13:54)

イチローは試合後、「久しぶりに野球やった感じしますね」と話した

今季は主に代打要員になっているイチローにとって8日以来の先発出場で、打率は3割7分3厘に。この日の4安打でメジャー通算2954安打とし、殿堂入りの目安とされる3000安打まであと46本となった。日米通算では4231安打で、ピート・ローズの持つメジャー通算最多安打記録まで23本に迫った。

試合はマーリンズが3対2で勝ち、連敗を3で止めた。

▼スライドショーが開きます▼

Close
4安打と活躍したイチロー
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡