ライフスタイル

アデルの切ない名曲を、モダンバレエで表現したら...(動画)

2016年05月25日 16時18分 JST | 更新 2016年05月25日 16時18分 JST

「暗闇の中ではあなたを愛せない」 ―― 別れを告げる気持ちを歌ったアデルの「Love In The Dark」を、モダンバレエで表現したらどうなるだろう?

答えはこの動画だ。とにかく美しい。

振り付けをしたのは、振付師のウィル B. ベル。踊るのはダンサーのDJ・スマートとゾラ・ウィリアムスだ。

ベルは1月にもアデルの「All I Ask」に振り付けをし、スマートとウィリアムスが踊った。その時のダンスも大きな反響を呼んだが、今回の「Love In The Dark」も負けず劣らず美しい。

ベルは、ハフポストUS版の取材に、ダンサーの2人に触発されて振り付けをした、と話した。アデルの曲を選ぶ理由を、彼はこう語っている。「アデルの曲には純粋さ、正直さ、誠実さがあります。とても詩的な彼女の曲を、動きで表現してみたかったのです」

So soon! #WillBBellchoreography @iam_mpn photography

Will B. Bellさん(@woadywill)が投稿した写真 -

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼関連画像集▼

世界で活躍するバレエダンサー