NEWS

伊勢志摩サミット、財政出動や構造改革の重要性で一致

2016年05月26日 20時41分 JST | 更新 2016年05月26日 20時41分 JST
AFP via Getty Images
(From L) European Council President Donald Tusk, Italian Prime Minister Matteo Renzi, German Chancellor Angela Merkel, US President Barack Obama, Japanese Prime Minister Shinzo Abe, French President Francois Hollande, British Prime Minister David Cameron, Canadian Prime Minister Justin Trudeau and European Commission President Jean-Claude Juncker pose for the family photo during the first day of the Group of Seven (G7) summit meetings in Ise city on May 26, 2016. World leaders kick off two days of G7 talks in Japan on May 26 with the creaky global economy, terrorism, refugees, China's controversial maritime claims, and a possible Brexit headlining their packed agenda. World leaders kicked off two days of G7 talks in Japan on May 26 with the creaky global economy, terrorism, refugees, China's controversial maritime claims, and a possible Brexit headlining their packed agenda. / AFP / POOL / JAPAN POOL / Japan OUT (Photo credit should read JAPAN POOL/AFP/Getty Images)

サミット開幕、財政出動や構造改革の重要性で一致

主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)は26日開幕し、世界経済を支えるため、金融緩和に加え、機動的な財政出動や構造改革に取り組むことが重要だという認識で一致した。ただ、景気がどの程度落ち込むかという見方には温度差が残り、財政出動をいつ、どの程度の規模で行うかは各国の事情に委ねるという合意にとどまった。

合意内容は、最終日の27日、「伊勢志摩経済イニシアチブ」としてまとめ、首脳宣言に盛り込む。安倍晋三首相は会合後、記者団に「今回、世界経済は大きなリスクに直面しているという認識について一致することができた。アベノミクス『3本の矢』を今度は世界に展開をしていきたい」と強調した。

(朝日新聞デジタル 2016年5月26日22時37分)

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供) 


▼画像集が開きます▼

伊勢志摩サミット