Huffpost Japan

女子大生刺傷事件の容疑者、橋本愛の熱狂的なファンを辞めた意外な理由

投稿日: 更新:
AI HASHIMOTO
橋本愛さん ( 2013年撮影 Photo by Koki Nagahama/Getty Images) | Koki Nagahama via Getty Images
印刷

芸能活動をしている大学3年生・冨田真由さん(20)が襲われた刺傷事件に関して、容疑者の男が過去に女優・橋本愛さんの熱狂的なファンだったことを5月26日発売号の週刊文春が報じた。

傷害容疑で逮捕された岩埼友宏(いわざき・ともひろ)容疑者は、ブログに「僕の人生に多大な影響を与え、生きる力をくれた」と書くほど橋本さんにハマっていた。2014年9月30日の日付で「橋本愛に飽きた」として、以下のように書いていた。

橋本愛は昔から変態気質だと知っていましたが、ロマンポルノに嵌まってたという記事を目にし、さすがにドン引きしました。

もう、無理。

約3年6ヶ月
お疲れ様でした。自分

橋本愛さんは同年9月2日、自身のInstagramで「18になったときロマンポルノやピンク映画を観狂ってた時期があって、 高校卒業してからだからたったの4.5か月ですが、新橋ロマン劇場に通い続けてました」と明かしていた。これが、岩埼容疑者がファンを辞めるきっかけになったようだ。橋本愛さんは2013年の朝ドラ「あまちゃん」で足立ユイを演じて人気が爆発していた。


■「何が自己防衛になるのかわからない」との声も

週刊文春は、岩埼容疑者が「女性に処女性を求めるところがあり」「偏った価値観の持ち主だった」とした上で、橋本愛さんに幻滅した4カ月後の2015年2月ごろから関心を抱いたのが、冨田真由さんだったと報じている。

これを受けて、書評家・インタビュアーとして知られる吉田豪さんは27日、「何が自己防衛になるのかわからないものだと思いました」とツイートした。

画像集が開きます

Close
冨田真由さん刺傷事件(2016年5月21日)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡