Huffpost Japan

インドで10代少女を集団レイプ、自殺を装い木に吊るす

投稿日: 更新:
GANG RAPE INDIA
Delhi witnessed mass protests after gang rape of 22year old paramedic student in December 2012 and 5 year old child in Arpril 2013. | Ramesh Lalwani via Getty Images
印刷
spinner

インド・ウッタルプラデシュ州のバーライチ地区で5月27日、10代の少女が集団レイプされたあげく殺害され、木に吊るされた。

15歳とみられる少女は、バーライチ地区の村から行方不明になった。SALIKラムバーマ警察本部長はインドのテレビ局「NDTV」に、少女はレイプされた後、絞殺されたことが検死で確認された、と述べた。

この事件に関し、警官4人が職務怠慢で停職となり、容疑者として2人の男が逮捕され、もう1人別の容疑者が逃走しており、搜索中だ。この事件は、まだ詳細が明らかにはなっていない。

インディアン・エクスプレス」によると、被害者の少女は用を足していた時、容疑者の男たちにレイプされたという。また、NDTVによると彼女は人里離れた場所で、男と会っていたと報じている。その男は彼女をレイプした2人の友人と一緒だったという。容疑者たちは、少女が自殺したように装うため、少女が身に着けていたスカーフで遺体を木から吊るしたという。

ウッタルプラデシュ州の政権党サマジワディ党と、インドの政権与党インド人民党は、度重なる性暴力を防止できない失政に加え、今回の事件で非難の矢面に立たされている。

インド国家女性委員会(NCW)の元メンバー、ニーマル・サマンタ氏はインディアン・エクスプレスに、「さらにもう一つの事件が起き、さらにもう一人の犠牲者が生まれ、さらにもう一人の少女が悲しみに襲われる。こうした問題が起きるたびに、ウッタルプラデシュであろうと、他の州であろうと、女性や少女はいつも裏切られるのです」と述べた。

ハフポストインド版に掲載されたものを翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
リオデジャネイロの集団性的暴行事件に抗議する女性たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png