Huffpost Japan

『笑点』歴代最高視聴率28.1%を記録 一番観られたのはあの場面でした

投稿日: 更新:
SYOTEN
「笑点」新メンバー/会見する大喜利メンバー  記念撮影する演芸番組「笑点」の大喜利メンバー。前列中央は新加入の林家三平さん。同左は初司会を終えた春風亭昇太さん=29日夜、東京都千代田区  撮影日:2016年05月29日 | 時事通信社
印刷

oricon style

『笑点』歴代最高視聴率28.1%記録 新メンバー&チャリティーランナー発表

29日に日本テレビ系放送された演芸番組『笑点』の番組平均視聴率が28.1%を記録し、現在の放送時間(毎週日曜 後5:30~6:00)となった1996年4月14日以降、歴代最高視聴率を6年半ぶりに更新したことが30日、わかった(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。

この日は、前週22日に落語家の桂歌丸(79)が5代目司会を勇退したのを受け、後任の春風亭昇太(56)が6代目司会者として放送された初回であり、大喜利新メンバーを生放送で発表するとして、注目を集めていた。

新メンバーとして林家三平(45)が初登場。さらに今年の『24時間テレビ』チャリティーマラソンランナーを、大喜利メンバーの林家たい平(51)が務めることも発表された。瞬間最高視聴率は午後5時56分と同57分の2分間にわたって32.3%にまで上昇。チャリティーマラソンランナーを務めるたい平へ、出演者がエールをおくる場面だった。

同番組は今月15日の放送を持って50周年を突破。中村博行統括プロデューサーは、「この50年の歴史をつくってこられた諸先輩に敬意を抱きつつ、これからの100年に向けて番組制作に臨む所存です。今後ともよろしくお願い申し上げます」とコメントしている。

【関連記事】
Close
笑点 新メンバー
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド