NEWS

桜井俊氏、総務次官を1年で退任 「嵐」櫻井翔さんの父

2016年06月03日 14時48分 JST | 更新 2017年11月29日 18時10分 JST
時事通信社
桜井俊氏

政府は6月3日、総務省の桜井俊事務次官(62)が退任し、後任には佐藤文俊総務審議官(59)を充てる人事を固めた。桜井俊事務次官は、2015年7月に就任。長男がアイドルグループ嵐の櫻井翔で知られる。共同通信などが報じた。

人口減少が進む中での地方活性化が課題になっており、旧自治省出身で地方行財政に詳しい佐藤氏を起用する。6月中にも発令する。

自治、郵政、総務3省庁を統合した総務省が2001年に発足してから、旧自治省出身の次官は8人目。桜井氏は旧郵政省出身だった。
 
総務事務次官に佐藤文俊氏 旧自治省出身 - 共同通信 47NEWSより 2016/06/03 12:25)

佐藤氏は東大法学部卒。1979年に自治省(現総務省)に入り、自治財政局長などを経て2015年7月から現職。福島県出身。

桜井氏は、1977年に東大法学部卒。総務省総合通信基盤局長、情報通信国際戦略局長などを経て2013年6月総務審議官。群馬県出身。

関連記事

スマホがストレスになっていることを示す兆候

おすすめ記事

国民の半分が貧困層、4人に1人が栄養不良。スーダンの子供たちから夢を奪わないために[Sponsored]

松本人志「ドキュメンタルを見ている人だけにわかる優越感の笑いがある」[Sponsored]