Huffpost Japan

モハメド・アリ、魂の名言集「不可能など、何もない」

投稿日: 更新:
印刷

6月4日に死去した、プロボクシングの元世界ヘビー級王者モハメド・アリ氏。

1960年代から70年代にかけてジョー・フレージャー、ジョージ・フォアマンらと世界を揺るがすボクシングの名勝負を繰り広げた彼は、派手な言動、そして人生の哲学とも言える名言の数々を残した。その言葉をここに刻む。

  • 私は蝶のように舞い、蜂のように刺す。奴には私の姿は見えない。見えない相手を打てるわけがない
    Hulton Archive via Getty Images
  • リスクをとる勇気がない人間は、人生で何も達成することができない。
    Keystone-France via Getty Images
  • 俺は世界を震撼させた。俺は世界の王だ。俺は最高、俺は偉大だ。世界を揺るがしたんだ。
    ASSOCIATED PRESS
  • 俺を倒す夢でも見たのなら、目を覚まして俺に謝れ。
    ASSOCIATED PRESS
  • 俺を自由の身にするか、さもなくば刑務所に入れろ。いずれにしても、俺は自分の主張を貫く。
    Underwood Archives via Getty Images
  • 人間が試練に立ち向かう時、恐怖を抱くのは信頼が欠如しているからだ。私は私自身を信じる。
    The Stanley Weston Archive via Getty Images
  • 私、私たち
    Marc Serota / Reuters
  • 不可能など、何もない。
    Andreas Meier / Reuters

    不可能とは、変化させなければならないという力で世界を切り開くよりも、与えられた世界に安住しようとする、小心者の言葉だ。
    不可能とは、現状に甘んじるための言い訳でしかない。
    不可能とは、事実ではない。思い込みだ。
    不可能とは、宣言するものではない。挑戦するものだ。
    不可能とは、可能性だ。
    不可能とは、一時のものだ。
    不可能など、何もない。




【関連記事】
モハメド・アリ氏死去、74歳 「蝶のように舞い、蜂のように刺す」世紀のプロボクサー
モハメド・アリ死去、アントニオ猪木が追悼「あの戦いから40年。非常に辛い」【コメント全文】
モハメド・アリ氏、著名人ら追悼「いつも僕のヒーローだった」

▼画像集が開きます

Close
2016年に亡くなった著名人
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド