Huffpost Japan

神戸山口組系幹部を射殺した疑い 山口組系組員を逮捕 抗争激化の恐れも

投稿日: 更新:
ALERT TAPE
イメージ写真 | 足成
印刷

指定暴力団「神戸山口組」系池田組の高木忠(たかぎ・ただし)若頭(55)が岡山市内で射殺された事件で、岡山県警は6月5日、警察署に出頭してきた指定暴力団「山口組」傘下の暴力団員、山本英之容疑者(32)を殺人と銃刀法違反(加重所持、発射)の疑いで逮捕したと発表した。朝日新聞デジタルなどが報じた。

神戸山口組は2015年8月に山口組から分裂し、全国各地で勢力争いを繰り広げてきた。そのため県警は、今回の事件の背景に両組織の対立抗争があるとみている。毎日新聞は、警察当局は各地で抗争が激化する恐れがあることから警戒を強めると報じている。

同紙によると、山本容疑者は山口組系「高山組」(名古屋市)傘下組織の組員。5月31日午前9時50分ごろ、高木幹部の自宅がある岡山市南区豊成2のマンション1階駐車場で、高木幹部に拳銃数発を発射し、殺害した疑いが持たれている。高木若頭の死因は心臓損傷で、上半身に複数の銃弾を受けていた。

産経WESTは県警の情報として、山本容疑者は6月5日正午ごろ、岡山南署に1人で出頭したと報じた。犯行に使用されたとみられる凶器は所持しておらず、現在、見つかっていないという。

画像集が開きます

Close
山口組を巡る暴力団事件
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡