Huffpost Japan

ファンキー加藤「生まれてくる子に罪ない」アンタッチャブル柴田英嗣の元妻とのW不倫で(動画)

投稿日: 更新:
印刷

oricon style

きょう7日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)でお笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣(40)の元妻と“W不倫”関係にあると報じられた歌手のファンキー加藤(37)が同日、都内スタジオで行ったレコーディング後に報道陣の囲み取材に応じ「記事に書かれていることは事実です」と認めた上で「一生をかけて、償っていこうと思っています」と謝罪の思いを口にした。

同誌によると、加藤は後輩主催の飲み会で柴田の元妻と知り合い、不倫関係に発展。その後、不倫がきっかけとなり、柴田と元妻は昨年5月に離婚が成立。その4ヶ月後の9月には元妻の妊娠が発覚したという。

午前11時頃、レコーディングを終え、隣接した駐車場内で取材に応じた加藤は、多く報道陣に囲まれながら「こんな自分をそれでも支えてくれる妻と家族、そして柴田さん、本当につらい思いをさせてしまいました。この場を借りてお詫びさせていただきます」と一礼。「ずっと僕のことを応援し続けてくれたファンの皆さまにご心配をおかけしました。そして裏切ってしまったことを心からお詫びさせていただきます」と再び頭を下げた。

出会いのきっかけについて「僕から声をかけました」と自身から不倫を持ちかけたことを明かし、女性が柴田の妻であったことは「知らなかった」と釈明。ただ「女性として魅力を感じたのは事実」とし「僕から声をかけたので、責任の多くは僕にあります」と自身の非を認めた。

その後、不倫の事実が発覚し、柴田を交えた話し合いが行われたという。加藤はその時の柴田の対応を聞かれると「感情を荒ぶるようなことはなかったです。終始すごく冷静で、色々な話をしてくれました」といい「このような状況になってしまいましたが、生まれてくる子供のことをしっかりと考えて、向き合っていきたいと思います。生まれてくる子どもに罪はない」と誠心誠意、対応していくことを誓った。

きょう午後には、京セラドーム大阪での「オリックス対中日戦」で始球式を務めることが決定しており、都内で会見を終えた加藤は球場へと向かった。11日に初主演映画『サブイボマスク』の公開を控えており、今後について関係者は、活動休止の予定はないとしていた。

【関連リンク】

▼画像集が開きます▼

Close
2016年、話題の人々
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡