NEWS

サルの泥棒、宝石店から札束を持ちサル(衝撃の動画)

2016年06月06日 16時15分 JST | 更新 2016年06月06日 16時17分 JST

インド・アーンドラプラデーシュ州の宝石店で、猿が引き出しを開けて現金1万ルピー(約1万6000円)を持ち去るという衝撃的な瞬間が監視カメラに捉えられた。ハフポスト・インド版テレビ朝日などが報じた。

最初は宝石店の店主に愛想を振りまいてグアバの実をガラス越しに受け取った猿。しかし、ガラス戸を押してあっという間に店内に入ると、椅子に乗り、1段目の引き出しを器用に開けて紙幣の束を掴み取った。口に現金をくわえた猿を、店主はバナナでおびき寄せようとしたが、猿は果物には目もくれず、そのまま大急ぎで立ち去った。

ハフポスト・インド版によると、インド国内では他にも「泥棒猿」による被害が数々報告されている。ブリンダーバンの寺院では参拝者の財布やお供えのお金を猿に盗まれたという目撃情報がある。

関連記事

「人間と同じ行動ができるサルたち」