Huffpost Japan

スタンフォード大の有望な水泳選手、女子学生をレイプするも寛大な判決 被害者の女性は法廷で何を語ったのか

投稿日: 更新:
印刷

アメリカの名門スタンフォード大学の水泳チームに所属し、在学当時酒に酔って意識を失っていた女子学生をレイプした罪などで有罪判決を受けたブロック・ターナー被告(20)の量刑を決める裁判で、被告に「深刻な影響を与える」という理由で禁錮6カ月の軽い判決を言い渡された。判決を下した判事や、「刑務所に送られるほどの罪は犯していない」と法廷で証言した被告の父親に非難が相次いでいる。

ターナー被告は2015年1月18日に逮捕された。フラタニティ(男子学生クラブ)のひとつ、「カッパ・アルファ」のパーティー会場近くをサイクリングしていたスタンフォード大学の学生2人が「地面に横たわっている意識のない女性に、上から腰を押し付けていた」彼を発見した。

brock turner stanford

ブロック・ターナー被告

そのうちの1人、ピーター・ジョンソンさんによると、彼は女性から離れるようターナー被告に向かって叫んだという。ジョンソンさんは現場から逃げたターナー被告を追いかけた。

血中アルコール濃度が法的許容量の3倍に達していた被害者の女性は、衣服を一部着用しておらず、手の甲に血が付着し「性器に擦過傷、裂傷、泥が付着した」状態で発見された。彼女は少なくとも3時間は意識がなかったと伝えられている。

現在23歳になった被害者の女性は、裁判で次のような陳述書を読み上げた

「あなたは悪意を持って意図的に、強制的に、性的に私に暴行を加えた罪で有罪になったのに、認めたのはアルコールの摂取だけです。アルコールのせいで人生が台無しになったなどと、悲しそうに語らないでください。自分の行動に対してどのように責任を取るのか理解すべきです」

また被害者の女性は陳述で、初犯だからターナー被告の罪が減免される可能性があるのは理解していると語った。しかし「社会として、私たちはそれが誰であっても、初めての性的暴行だからとか、デジタルレイプ(指による性的暴行)だからと許してしまうことはできません。それは理不尽なことです。レイプの深刻さははっきりと伝えられるべきであり、レイプが悪いということは、実体験と失敗によって学ぶのだというような文化を作ってはいけないのです」と強調した。

ターナー被告が法廷で「一夜の酒で人生が破綻することもあることを世の人々に伝えたい」と証言したことにも、「人生と言っても、あなたの人生のことでしょう。私の人生を忘れているのか」と怒りをぶつけた。

彼女はまた、寛容な判決は「彼の暴行の深刻さを軽視し、私と全ての女性に対する侮辱です。適切な同意なしに他人を侵害しても最低限の罪にすら問われないというメッセージになってしまいます。自分の行動の全責任を負えない人間は減刑に値しません」と述べた。

私が自分の投稿で広めたいのはブロック・ターナーの被害者の声だけです。彼女の手紙を読みましょう、裁判所で大きな声で読み上げましょう。

ターナー被告に対し、3件の強姦罪で禁錮6カ月の判決が言い渡された。 最高で禁錮14年が下される可能性もあったターナー被告だが、 刑務所内で模範的に行動すれば、3カ月以内に出所となる可能性もある

パースキー判事はターナー被告の年齢と初犯であることを考慮したと、ターナー被告に対する判決の正当性を主張した

「禁錮刑は彼に深刻な影響を与えるだろう」とパースキー判事は述べた。「彼は他人にとって危険な存在にはならないと考える」

ターナー被告への量刑に対し、厳しい非難の声が高まっている。署名サイト「Change.org」では21万人以上が「寛大な」判決を下したカリフォルニア州サンタクララ郡最高裁判所アーロン・パースキー判事の罷免を求める嘆願書に署名した。

「パースキー判事は、ブロック・ターナーが有名大学に所属していた白人男性のスター選手であることが彼に寛大な措置を与える理由にはならないことを理解していない」Change.orgの署名はそう述べている。「また彼は、性的暴行が社会階級、人種、性別、ジェンダー、その他の要素を問わず違法行為であるというメッセージを伝えることもできていない」

#アーロン・パースキー 判事はレイプ犯に厳しくしすぎてはいけないと思っている。6月7日に再選を目指して立候補予定。彼は引退すべき。

Change.orgの署名には、ターナー被告は有罪が確定して以降「一切後悔の念を見せていない」とも書かれている。20歳の同被告は控訴する構えだ

この判決を受け、スタンフォード・ロースクールのミシェル・ダウバー教授はパースキー判事の罷免を求めるサイトを立ち上げた。

「彼はスタンフォード、そしてカリフォルニア州の女性たちの安全を脅かしました」ダウバー教授はガーディアン紙に語った。

Fusionが公開した動画では、スタンフォード大学の学生たちがターナー被告の判決に対してコメントしている。

「司法制度に対する信頼を大きく失いました」メーガン・カルファスさんは動画の中でそう語った。

悲痛。失望。衝撃。怒り。

#ブロック・ターナー によるレイプ事件の判決に対するスタンフォードの学生たちの反応。

サンタクララ郡のジェフ・ローゼン地方検事は、パースキー判事の裁決を「不公正」だとして強く反対の意思を示した。しかしローゼン検事は6月6日の声明で、同判事の罷免を求めることはしなかった。

「ブロック・ターナーの件に関するパースキー判事の求刑内容には強く反対するが、彼を罷免すべきだとは思わない」とローゼン検事は述べた。

この裁判の陳述で被告の父親であるダン・ターナー氏は、禁錮刑は息子にとって「適切な刑罰」ではないと述べた。彼はまた、息子は「20分の行為にしては大きすぎる代償を支払った」とも述べている。

性的暴行が起訴に至るケースは少ない。国の推定では、100件のレイプ事件のうち犯人が刑務所に送られるのはわずかに5件だという。

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
リオデジャネイロの集団暴行事件に抗議する女性たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png