NEWS

JR原宿駅を建て替え、東京オリンピックの2020年までに

2016年06月08日 20時31分 JST

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、JR東日本は6月8日、JR山手線の原宿駅(東京都渋谷区)などを2020年までに建て替えることを発表した。近くに国立代々木競技場があり、多くの来場者が見込まれるため。

朝日新聞デジタルなどによると、現在の原宿駅の建物は1924(大正13)年に完成。洋風の木造2階建てで、都内の木造駅舎としては最古とみられるという。2012年度の1日の平均乗車人数は約7万人。

現在の駅構内通路などは狭く、週末などはホームから改札まで乗降客が長い列を作ることも珍しくない。

JR東日本のプレスリリースによると、建て替えでは、現在1つしかないホームを2つに、2つある出口を3つに増やす。新設ホームは、現在年始だけ使用している臨時ホームを、外回り専用として使用。新設出口は西側の明治神宮側に設けられる。同様に、千駄ケ谷駅・信濃町駅も改修が予定されている。

jrharajuku

harajyuku

関連記事

原宿、70's~