NEWS

イスラエルのカフェで銃撃、4人死亡 ユダヤ教徒に変装したパレスチナ人のテロか

2016年06月08日 21時58分 JST | 更新 2016年06月08日 22時02分 JST

イスラエルのテルアビブで6月8日、ショッピングモール「サロナ・マーケット」内のカフェに2人の男が乱入して銃撃し、これまでに4人が死亡、3人が重傷を負った。イスラエル警察はパレスチナ人によるテロとみて捜査している。ショッピングモール近くにはイスラエル軍本部がある。銃撃した男たちは現場近くで拘束された。ニューヨーク・タイムズなどが報じた。

イスラエル警察によると、現場近くで警官が銃撃犯の1人にケガを負わせ、病院に搬送された。もう1人の銃撃犯は逮捕されたが、状況は不明だ。

現場となったカフェは、2015年にオープンしたばかりの新しいショッピングモールで、事件当時は多くの客が詰めかけていた。

タイムズ・オブ・イスラエル」によると、イスラエルのネタニヤフ首相は、8日午後10時ごろ現場に到着して事件の概要を警察から聞き、テルアビブのイスラエル軍本部に出向き、緊急安全保障会議を開いた。

現場の目撃者によると、銃撃犯はウルトラオーソドックス(ユダヤ教の厳格主義者)の衣装を身につけていたという。しかし一方では、黒のズボン、白いシャツとネクタイというセミフォーマルの衣装だったという目撃談もあり、詳細は不明だ。また、銃撃犯はキッパ(ユダヤ教徒がかぶる帽子)をかぶっていたという目撃談もあるが、警察はコメントしていない。

  • Baz Ratner / Reuters
    イスラエル警察の機動隊員が犯行現場付近を捜索する\n REUTERS/Baz Ratner
  • JACK GUEZ via Getty Images
    現場付近のカフェにいたイスラエル人の男女。\n (Photo credit should read JACK GUEZ/AFP/Getty Images)
  • Lior Mizrahi via Getty Images
    現場に到着したネタニヤフ首相\n (Photo by Lior Mizrahi/Getty Images)
  • Lior Mizrahi via Getty Images
    イスラエル警察の機動隊員が現場の警戒にあたる\n(Photo by Lior Mizrahi/Getty Images)

▼画像集が開きます

イスラエル・テルアビブで銃撃事件