Huffpost Japan

セウォル号、船体引き揚げ作業を開始 韓国で304人死亡・不明の沈没事故から2年

投稿日: 更新:
SEWOL CRANE
写真は2014年4月、沈没直後のセウォル号引き揚げを模索するクレーン船 | JUNG YEON-JE via Getty Images
印刷

韓国で295人が死亡、9人が行方不明となった2014年4月の大型旅客船「セウォル号」沈没事故から2年余り。行方不明者捜索のため、船体を引き揚げる重要作業が6月12日午後、始まった。韓国海洋水産省が明らかにした。

聯合ニュースによると、この日午後2時に始まったのは引き揚げのための船首持ち上げ作業。セウォル号の船首を5度(高さ10m)持ち上げ、船体の下に持ち上げ用のリフティングビームを設置する。そのビームにワイヤー92本を結び、クレーン船に取り付けて船体を引き揚げ、半潜水状態で待機している「フローティングドック」に載せる。フローティングドックは2〜3日かけて徐々に浮上し、この時点でセウォル号が沈没後初めて、海上に姿を現すことになる。

セウォル号を載せたフローティングドックは、タグボートに牽引されて木浦新港に移送され、陸上に引き揚げて消毒・防疫をした後、行方不明者の捜索作業が始まる。

海洋水産省は、当初、この工程を5月28日に開始する予定だったが、技術的な問題が生じたため、約2週間延期していた。海洋水産省は、天候に恵まれ作業が順調に行われた場合、7月末ごろにすべての引き揚げ作業を終えることができるとしている。


ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Also on HuffPost:

Close
韓国・セウォル号沈没事故(2014/04/16~)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡