Huffpost Japan

ドナルド・トランプ氏、ワシントン・ポストを取材拒否 背景にAmazonジェフ・ベゾス氏との軋轢?

投稿日: 更新:
印刷

photo
ドナルド・トランプ氏の陣営は、これまで数多くの報道機関の取材を拒否している。

アメリカ大統領選で共和党の候補指名を確実にした実業家ドナルド・トランプ氏の陣営は6月13日、ワシントン・ポスト紙の記者証を剥奪した。この選挙戦でトランプ氏は、報道機関攻撃の集中砲火を繰り返している。

トランプ氏はSNSのフォロワーに対し、ジャーナリスト、専門家、ニュース報道機関による批判的な記事や見解を毎回激しく非難してきた。13日のFacebookの投稿で、トランプ氏はワシントン・ポスト紙を「いんちきでいい加減」「記録的な結果を残しているトランプ陣営の選挙戦について、信じられないほど不正確な報道をしている」と批判。「(ワシントン・ポスト紙は)記者証を取り消されることになる」と述べた。

トランプ氏はさらにFacebookの投稿で、ワシントン・ポスト紙が「トランプ氏がオバマ大統領をテロリストグループと関連付け、オーランド銃乱射事件とも結びつけようとする発言をした」と報道したことを批判した。

私はオバマ大統領のファンではないが、ワシントン・ポストがいかにいい加減かをお話ししよう。彼らは新聞の1面で「ドナルド・トランプ、オバマ大統領がオーランド銃乱射事件に絡んでいると語る」なんて書いた。嘆かわしい!

トランプ氏がワシントン・ポストの記者証取り消しを発表したのは、紙面の1面の見出しを「ドナルド・トランプ、オバマ大統領とオーランド乱射事件との関連を示唆」と変更した後に発表した。

これに対しワシントン・ポスト紙のスポークスマンはハフポストUS版に「当紙はトランプ氏の発言をより適正に反映するため、そのFacebook投稿があった直後に1面の見出しを変更しました」と語った。「自分たちで決定したことです。トランプ陣営からはその件について当紙へ何の連絡もありませんでした」

トランプ氏のスポークスマン、ホープ・ヒックス氏はコメントを拒否している。

ワシントン・ポスト紙の編集主幹、マーティー・バロン氏は、トランプ陣営の決定を「自由で独立した報道機関の役割を拒絶するもの他ならない」と批判した。

「記事が候補者の求めていないものだったら、報道機関が消されることになります」とバロン氏は語った。「当紙は今後も今まで同様にドナルド・トランプの取材を続けます。誇りを持って、誠実に、正確に、精力的に、ひるむことなく、続けます。自分たちの記事に誇りを持っていますし、今後ともそれに変わりはありません」

トランプ陣営は今年になってから、ハフポスト、バズフィード、デイリー・ビースト、ユニビジョン、フュージョン、マザー・ジョーンズ、ポリティコ、ナショナル・レビューなど、多くの報道機関の記者証を取りあげている。トランプ陣営は記者証を与えるジャーナリストには厳しい制限を課し、指定された「記者団用の囲い」から離れることを許さないことも多い。選挙対策本部長のコーリー・ルワンドウスキ氏は、ある大会で「囲い」を離れた記者に対して記者証剥奪だと脅したり、トランプ氏に質問をしようとした女性記者の腕をつかんだりしたこともあった。

ワシントン・ポストは、2015年春、他の報道機関をよそにトランプの出馬を取り上げ、それ以来トランプ氏に接近しやすい関係にあった。トランプ氏はワシントン・ポストに選挙戦の取材をさせるため、ロバート・コスタ記者たちに4、5回インタビューをさせている。

しかし、ワシントン・ポストが近く発売予定の本のために、数十人のジャーナリストを送り込んでトランプ氏の過去を調査させて以来、両者の関係は緊迫し始めた。最近では同紙のデイビッド・ファーレンソルド記者が、「退役軍人団体に対して600万ドルの寄付をした」というトランプ氏の主張について陣営に詳細の説明を迫り、トランプ氏の怒りを買った。

トランプ氏はワシントン・ポスト紙の経営者でアマゾン創設者ジェフ・ベゾス氏について、ベゾス氏が同紙の影響力を利用してアマゾンの税金を軽減させたと主張している。トランプ氏はFOXニュースのインタビューで、「アマゾンは、税金に関していえば『殺人罪』を見逃してもらっているようなもの」と言及し、トランプ氏が大統領になった時、アマゾンの「アンチトラスト問題」(アメリカの独占禁止法に抵触している問題)に着手することをベゾス氏が恐れるあまり、ワシントン・ポストを利用してトランプ氏の選挙戦の妨害をしているということも示唆している。

「アマゾンはワシントン・ポストをコントロールしている」とトランプ氏は語る。「ベゾスは事実上一銭も出さずにワシントン・ポストを買収し、私や多くの人々に対抗する政治的圧力を手に入れるための道具として利用している。いいですか、彼の思うがままにさせてはいけないんです」

トランプ氏の脅しともとれる発言に対し、ベゾス氏は「大統領候補の振る舞いとしてあまりにも不適切」だと言及した。編集主幹のバロン氏も、経営者であるベゾス氏は選挙関連の記事に関与してはいないと語った。

「大統領選に関する我々の記事についてジェフ・ベゾス氏から指示も受けたことは断じてありません 。大統領選についても他の記事についても同様です」

編注:ドナルド・トランプ氏は世界に16億人いるイスラム教徒をアメリカから締め出すと繰り返し発言してきた嘘ばかりつき極度に外国人を嫌い人種差別主義者ミソジニスト(女性蔑視の人たち)、バーサー(オバマ大統領の出生地はアメリカではないと主張する人たち)として知られる人物である。

(敬称略)

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。


▼画像集が開きます

Close
表情豊かなドナルド・トランプ氏
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡