Huffpost Japan

ジョー・コックス氏が銃撃され死亡、イギリスに衝撃 EU残留派の女性下院議員

投稿日: 更新:
JO COX
ジョー・コックス下院議員(イギリス労働党) | Handout . / Reuters
印刷
spinner

イギリス中部ウエストヨークシャー州バーストールで6月16日午後1時(日本時間同日午後9時)ごろ、労働党所属の女性下院議員、ジョー・コックス氏(41)が男に銃で撃たれたあと刃物のようなもので刺された。コックス議員は病院で手当てを受けていたが死亡した。BBCなどが伝えた。

ハフポストUK版によると、警察は事件後に現場近くで52歳の男を逮捕した。現場では77歳の男性もけがをしたという。

jo cox
現場検証をする地元警察

国論を二分しているEU離脱を問う国民投票を23日に控えた中で、今回の事件はイギリスに衝撃を与えた。殺害されたコックス議員は、イギリスのEU残留を呼びかけていた。


事件を受けてイギリスのキャメロン首相は、Twitter上でコックス議員への哀悼の意と、彼女の家族を気遣うコメントを発表した。

ジョー・コックスの死は悲劇です。 彼女は献身的で思いやりのある下院議員でした。 私は彼女の夫ブレンダンと彼女の2人の子供のことが気がかりです。


また、コックス議員が所属した労働党のコービン党首もコメントを発表した。

すべての労働党支持者、そしてもちろんイギリス全体が、ジョー・コックスが殺害されたことに衝撃と悲しみを受けています


コックス議員の夫、ブレンダン氏は以下のような声明を発表した

「今日から、痛みと困難さが増し、喜びと最高の愛が欠けた新たな生活が始まる。ジョーはより良い世界を信じ、熱意を傾けて毎日闘った。憎しみには信念も人種も宗教もなく、あるのは毒だけだ。ジョーは人生に後悔していないと思う。彼女は人生を精一杯生き抜いた」


事件を受けて、国民投票でEU残留を支持する団体は、16日に実施する予定だった全ての運動を取りやめると発表した。また、EU離脱を支持する団体も、この日の運動を取りやめるとロイター通信が伝えた。

【関連記事】

▼画像集が開きます▼

Close
コックス議員殺害事件(2016年6月16日)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡