Huffpost Japan

コンピューターおばあちゃんの素敵な検索、Googleも思わず返事しちゃう

投稿日: 更新:
印刷

6月半ば、孫息子のベン・ジョンさんが、おばあちゃんのPCで見つけたGoogleの検索画面のスクリーンショットを共有し、おばあさんの信じられないほど礼儀正しい質問文を紹介した。

メイおばあちゃんはタイプした:「どうかこのローマ数字、mcmxcviiiを訳してください、どうもありがとう」

すると、Googleは86歳のおばあさんに、この上なく素敵な返事を出した:「数十億もの検索が行われる世界で、あなたの検索は私たちをにっこりさせてくれました」

メイさんは、インターネットの巨人から返答をもらい「大喜び」した。


BEN JOHN TWITTER

ジョンさんは6月、おばあちゃんのPCを使いに行ったときに、おばあちゃんがローマ数字のMCMXCVIIIがどう訳されるか知るために、Google検索をしていたのを見つけた。

しかし、「これらのローマ数字を訳せ」とタイプする代わりに、メイさんは、とてもフレンドリーな「プリーズ」(どうぞお願いします)、「サンキュー」(どうもありがとう)の言葉を検索窓に打ち込んだのだ。


BEN JOHN TWITTER

イギリス北西部のウィガン出身のジョンさんは、おばあちゃんの礼儀正しい検索の写真をツイートすると、インターネットは、賞賛の嵐が巻き起こった。

事実、彼のツイートは6月16日までに1万5000回リツイートされ、2万3000お気に入りを記録した。

ジョンさんが、おばあちゃんに丁寧なグーグル検索について尋ねたところ、「そうするのが普通のことだと思ってたわ」と返事をしたそうだ。

ジョンさんは、「Googleが『どういたしまして』と返答してくれることを期待してます」とツイートした。そして、メイおばあちゃんのエピソードがネット上に広まると、Googleは期待に応えた。

Google UKは、こうつぶやいた:

親愛なるベンさんのおばあちゃんへ。
お元気のことと思います。数十億もの検索が行われる世界で、あなたの検索は私たちをにっこりさせてくれました。
ああ、それから、それは1998です。
どうもありがとう@Pshu10Ben

それから、数時間後、Google world はつぶやいた:

「親愛なるおばあちゃん、もちろん、ありがとうは必要ありませんよ。かしこ、Google」

ハフポストUK版に対し、ベンさんは、おばあさんの新たな名声について語ってくれた。「こんなに話題になるなんて素晴らしいことです! なんか、ちょっと不思議な感じもしますね」

「おばあちゃんは、信じられなくて、大喜びしてますよ!」

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
長生きするために食べておきたい17の食材
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド