Huffpost Japan

LGBTの信号、ロンドン中心街に登場 カーン市長「多様性を受け入れる」

投稿日: 更新:
印刷

イギリスのロンドン中心部に、性別記号で作られた信号や、性的マイノリティのカップルが手をつないでハートを作るデザインの信号が登場した


ロンドンのトラファルガー広場に、LGBTの信号が登場した。

信号は、LGBTなど性的マイノリティのお祭り「ロンドン・プライド」の一環として、トラファルガー広場の周りに作られた。6月19日の夜から、25日に開催されるメインパレードが終わるまで、設置される


新しい信号を紹介するサディク・カーン市長(中央)

5月にロンドン市長に就任したばかりのサディク・カーン氏は、「ロンドンの持つ素晴らしい面の一つが、多様性です。ロンドン市民一人一人が、自分に誇りを持ってほしい」と声明で述べた

また市長は、多くの人が犠牲になったオーランド銃撃事件にも触れ、「私たちの思いと祈りは、犠牲者の家族や友人と共にあります。この新しい信号は、ロンドンに住む私たちが、彼らと共に多様性を受け入れ、祝うことの表明です」と述べている

信号はロンドンの人たちに好意的に受け入れられ、Twitterでたくさんの人たちに取りあげられている。

2015年、オーストラリアのウィーンでも「同性カップル」の信号が導入された。トラファルガー広場の信号は、その取り組みから着想を得たと、イブニングスタンダード紙が伝えている。

信号だけではない。ロンドン交通局も、LGBTバージョンの乗車カード入れを作ってロンドン・プライドを祝った。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
ウィーンの「同性」信号機
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png