NEWS

北朝鮮がミサイル発射実験、高度1000kmに到達か 防衛省「深刻な懸念」

2016年06月22日 18時17分 JST
ASSOCIATED PRESS
FILE - In this May 31, 2016, file photo, a man watches a TV news program reporting about a missile launch of North Korea, at the Seoul Train Station in Seoul, South Korea. In a remarkable show of persistence, North Korea on Wednesday, June 22, 2016, fired two suspected powerful new Musudan mid-range missiles, U.S. and South Korean military officials said, but at least one of the launches apparently failed, Pyongyang's fifth such reported flop since April. The letters read on top left: "Fail, North Korea's Musudan missile." (AP Photo/Lee Jin-man)

韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は6月22日午前、「ムスダン」と推定される中距離弾道ミサイルを2発、相次いで発射した。

ハフポスト韓国版によると、発射推定時刻は22日午前5時58分と午前8時05分ごろ。1発目は失敗した模様だが、2発目は約400km飛行し、日本海に落下した。

日本の防衛省は2発目について、高度1000kmに達したとしており「一定の機能が示されたのは、我が国の安全保障に対する深刻な懸念だ」と発表した。

ムスダンは飛行距離2500~4000km。日本全土に加え、アメリカ領グアムも射程に収める。しかしこれまで4回の発射実験はいずれも失敗したとみられていた

関連記事

北朝鮮の軍事パレード