Huffpost Japan

伝統に新しい風を吹き込む?「青ワイン」がついにできました

投稿日: 更新:
印刷

どの世界にも、伝統に新しい風を吹き込もうとする人たちはいる。ワインも例外ではない。

ワインに革命を起こそうと考えた20代の若者6人が、世界で初めての青いワイン「Gik」を作った。

見た目はワインというより、まるでブルーキュラソー。この美しいブルーを作り出すために、赤と白のぶどうを混ぜて、ぶどうの皮に含まれる色素「インジゴ」と「アントシアニン」を加えた。使われたぶどうはスペイン産、アルコール度数は11.5%だ。

6人は、ワイン醸造業者でもワインの専門家でもなく、新しいことを試みる「イノベーター」だという。

設立者の1人は「Gikを飲む時、ただ青いワインを飲んでいるのではありません。イノベーションとクリエーションを飲んでいるのです。既存のやり方を超えて、自分のやり方を作る。伝統に新しいページを加えるのです」と話している。

Gikは、ヨーローッパを中心にオンラインで購入できる(日本からはまだ注文できない)。はたして伝統を変える新しいワインとなるだろうか?

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
高価ワイン10選
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド