Huffpost Japan

薬丸裕英、「シブがき隊」解散後初の生歌「100%...SO かもね!」 国分太一&井ノ原快彦と

投稿日: 更新:
HIROHIDE YAKUMARU
薬丸裕英(2014年3月31日) | 時事通信社
印刷

oricon style

薬丸裕英、「シブがき隊」解散後初の生歌歌唱 国分&井ノ原と28年ぶり「100%…SO かもね!」

タレントの薬丸裕英が29日に放送されるテレビ東京系音楽特番『テレ東音楽祭(3)』(後6:25)で1988年11月の「シブがき隊」解散以来、初めてとなる生歌歌唱に挑戦することがわかった。TOKIOの国分太一、V6の井ノ原快彦とともにヒット曲「100%…SOかもね!」を28年ぶりに披露。薬丸は「歌も踊りもうろ覚えですが、現役ジャニーズと元ジャニーズのコラボレーション。是非、ご覧ください。ジャニーズシニアがんばります」と冗談めかしながら意気込みを語っている。

人気番組のコラボレーションを目玉とした今回の企画では、同番組でMCを務める国分と『出没!アド街ック天国』(毎週土曜 後9:00)出演者の井ノ原、薬丸が夢の共演。長いブランクから「正直な話お受けするかとても悩みました」と告白した薬丸だったが、国分と井ノ原のリクエストで実現した。「シブがき隊」といえばイメージカラー・イエローが布川敏和、レッドが本木雅弘、そしてブルーが薬丸だったが、その担当にも注目だ。

初めて見に行ったコンサートが「シブがき隊」の解散発表の場だったという国分は「自分が『シブがき隊』を踊ることになるとは想像もしていませんでした。ダンスに自信はありませんが、薬丸さんとイノッチと頑張ります!」とやる気十分。

井ノ原も「小さい頃、ヤックンと話したくて、ジャニーズ事務所に『ヤックンいますか?』って電話したこともありました」と憧れの存在との共演に夢見心地で「そんな僕がまさか一緒に、しかも『シブがき隊』の歌を歌うことになるなんて!当時の自分に言ってあげたいですね」と感慨深げに明かしている。

【関連記事】


▼画像集が開きます▼

Close
ジャニーズを卒業した人々
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡