NEWS

ファルージャを奪還 ISの拠点だったがイラク軍が2年半ぶりに

2016年06月26日 21時38分 JST | 更新 2016年06月26日 21時38分 JST
HAIDAR MOHAMMED ALI via Getty Images
Iraqi government forces flash the 'V' for victory sign in Fallujah, 50 kilometres (30 miles) from the Iraqi capital Baghdad, after forces retook the embattled city from the Islamic State group on June 26, 2016. Iraqi Prime Minister Haider al-Abadi urged all Iraqis to celebrate the recapture of Fallujah by the security forces and vowed the national flag would be raised in Mosul soon. While the battle has been won, Iraq still faces a major humanitarian crisis in its aftermath, with tens of thousands of people who fled the fighting desperately in need of assistance in the searing summer heat. / AFP / HAIDAR MOHAMMED ALI (Photo credit should read HAIDAR MOHAMMED ALI/AFP/Getty Images)

イラク軍は6月26日、イスラム教過激派組織「イスラム国」(IS)が支配していたイラク中部の都市ファルージャの奪還を完了したと発表した。ウォール・ストリート・ジャーナルなどが報じた。

NHKニュースによると、イラク政府軍は国営テレビを通して声明を発表し、「イラクの人々に素晴らしい知らせを届ける。ファルージャでの戦いは終わった」として、完全に制圧したと宣言したという。ただし市内にはISが仕掛けた爆弾や、戦闘員が潜んでいる可能性があるため、住民の帰還には時間がかかる見通しだ。

これを受けてイラク政府は今後、北部にあるIS最大の拠点モスルの奪還に向けて、戦力を集中するものとみられる。

ニューズウィーク日本版では、2014年春にISがファルージャに入り、政府の支配がきかなくなって以来、2年半ぶりに政府の統制下に戻ったと報じている。

関連記事

ファルージャ奪還