Huffpost Japan

公的年金、2015年度は5兆円超の運用損 公表は参院選の後に

投稿日: 更新:
PENSION JAPAN
Growth Graph showing rapid growth with a money bill and a lot of arrows growing behind. | fotopoly via Getty Images
印刷

株安の影響で、2015年度の公的年金の積立金の運用は、5兆円を超える損失となることが確定した。ただし正式な公表は参院選後になる。

7月1日付の朝日新聞朝刊が関係者の話として報じ、各メディアも1日午前に伝えた。

朝日新聞デジタルによると、国民年金や厚生年金の積立金約140兆円を株式や国債などで運用している「年金積立金管理運用独立行政法人」(GPIF)は6月30日に非公開で運用委員会を開き、厚生労働省に報告した。

ロイターは「年初からの円高・株安の影響で、保有する国内外の債券、株式のうち国内債券以外の資産で赤字が膨らんだもよう」と伝えている。

安倍政権は2014年10月からGPIFの運用を見直し、株式による運用の比率を倍増させ、総資産の半分を株式市場で運用している。このため株式相場の変動の影響を受けやすくなり、世界的な株安が続いた2015年度以降、損失がふくらんだと見られる。現状もイギリスのEU(欧州連合)離脱を巡って不安定な株式市場が続いており、混乱は続くとみられる。

野党は安倍政権の運用変更や、運用結果の公表を参院選後に先送りしたことを追及する方針だ。

一方で与党側は、運用変更後の運用益が民主党政権時代を上回ったと強調している。

【訂正】2016/07/03 0:20
当初の記事で「国民年金や厚生年金の積立金約140兆円を株式や国債などで運用している」とあるのは、正しくは「140兆円」でした。

関連記事「年金の損失も隠す。隠す、隠す、隠すの安倍内閣ではないか」 野党が追及

GPIF法改正でどう変わる? ~法改正のポイントと経緯~

無いものねだりは国を滅ぼす~リスクなくしてリターンなし。国債ならマイナス利回り。