Huffpost Japan

マクドナルド日本上陸45周年記念、肉量2.5倍の限定バーガーを試食したぞ

投稿日: 更新:
MAC
新展開する「1955 スモーキーアメリカ」 | Kei Yoshikawa
印刷

日本マクドナルドは7月1日、日本第1号店のオープン45周年を記念し「1971 炙り醤油ジャパン」「1955 スモーキーアメリカ」の2種類のハンバーガーを6日から期間限定で販売すると発表しました。マクドナルドの日本第1号店は1971年7月20日、銀座三越の1階にオープンしました。

1gouten
マクドナルド日本1号店

試食会前日にマクドナルドの偉い方から「ビーフを主役にしたボリューム感ばっちりな商品なので、ぜひ…!」とお誘いが。そこまで言われたら、肉好きの私としては黙っちゃいられません。編集部を抜け出し、試食会に行ってきました。気合いを入れ、前日の夜から何も食べずに会場へ。戦闘態勢は万全、空腹のせいで若干目つきが悪くなりつつも、行きの電車の中でがよだれが止まりません。ジュルジュル。

■新バーガー、肉の量は「通常の2.5倍」

poster
新発売のハンバーガーは2種類

この日発表されたハンバーガーは「1971 炙り醤油ジャパン」と「1955 スモーキーアメリカ」の2種類。日本マクドナルドのナショナルマーケティング部長、唐澤俊輔さんによると「どちらのバーガーも使用するお肉はビーフ100%。パティは通常の2.5倍(1/4ポンド)」とのこと。なるほど、肉の量はクォーターパウンダーと同じってことか。ボリュームは満点のようで、肉好きな人には嬉しいですね。ジュルジュル。

体験試食会には、1971年の開店当時のユニフォーム姿のクルーとともに、マクドナルドのキャラクター「ドナルド」も登場。前回の試食会では「保育園とかでドナルドが怒鳴るど」など軽妙なトークで報道陣を凍りつかせていましたが、今回は「おいしそうだね」「ユニフォーム、懐かしいね」など安全運転でガッカリです。どうした、ドナルド、お前の本気はそんなもんじゃないだろ。

donaldo
めっちゃ匂い嗅いでる

■「1971 炙り醤油ジャパン」と「1955 スモーキーアメリカ」違いは?

2種類とも肉増量と聞き、「試食会ではどっちを食べようかなぁ」と悩んでいたところ、優しそうなコック服姿の男性が登場。日本マクドナルド・メニューマネジメント部、上席部長の若菜重昭さんが2つのバーガーのオススメポイントを教えてくれました。

若菜さんによると、2つのハンバーガーは、日本とアメリカそれぞれの第1号店ができた当時に思いを馳せたバーガーだそうです。

1971
「1971 炙り醤油ジャパン」

「『1971 炙り醤油ジャパン』は、1971年に銀座三越にオープンした第1号店に思いを馳せ、『アメリカで生まれたハンバーガーが日本で生まれ育ったらこうなった』というコンセプトで、100%ビーフの2.5倍パティに、炙り醤油ソースが特徴。ソースはみじんぎりオニオンのソテー、隠し味にリンゴ、3種のスパイスで甘味の中にピリッとした味も楽しめ、ビーフとのコンビネーションは抜群。さらに濃厚なチェダーチーズも。日本人のDNAに訴える味になっております」

mac
「1955 スモーキーアメリカ」

「『1955 スモーキーアメリカ』は、シカゴに第1号店が誕生した1955年当時をイメージした正統派バーガーです。2.5倍パティはもちろん、ソースはトマトピューレにケチャップなどを合わせたスモーキーでアメリカンなソース。フレッシュなオニオンやスモーキーベーコンなども使用。ひと口食べるとまた食べたくなる、懐かしい味になっています」

■いざ実食!

昨日の夜から何も食べていないので、そろそろ精神的に限界です。若菜さんの説明も大して頭に入ってきません。「さぁ、俺に肉を食わせろ」心の中で叫び続けていたら、試食会スタートの声がかかります。さてさて、どっちを食べようかなと思っていたら…。

set
両方出てきた

マジかよ…マック、あんた最高だよ…。さらに、同じく新発売のポテト「クラシックフライ はちみつマスタード」も付いています。というわけで、まずはアメリカンな「1955」からいただくことにしました。

2.5倍の肉がはみ出てる!!

tabeta1

第一印象はこんな感じ。パンの大きさは通常通りなので、上から見るとパティだけ3Dみたいに飛びてちゃってる状態ですね。

では、実食。

パクリ。

tabeta2

おお!とっても肉々しい!一口食べたら、お口の中にスモーキーな香りが広がります。ケチャップとマヨネーズベースのソースが肉によく絡み、ジューシー感もいい感じに出ています。一方で生のオニオンとトマトも入っていて、サッパリ感もある。シャキシャキとした食感も楽しめます。夢中で食べていたら3分で完食しました。

続いて、和風の「1971」のほうを手に取ります。

tabeta3

第一印象はこんな感じ。こちらもビーフパティは2.5倍。包みをあけると、醤油の香ばしい香りが食欲をそそります。

パクリ。

tabeta4

おお。焦がし醤油ソース、なかなか趣き深いじゃないの。甘みの中にピリッとした辛味もあって、適度に味を整えています。肝心のお肉ですが、2.5倍なのはいいんだけど、あまりジューシー感を感じない。やはりそこはマクドナルドの肉といったところか。「1955」の方はソースも濃厚だったことからジューシー感が際立っていましたが、こちらの「1971」どちらかというとサッパリした感じ。レタスのシャキシャキ食感などヘルシーな感じはあるので、女性にはいいかもしれませんが、肉好き男子としてはちょっと物足りないかも。

ちなみに「1955」「1971」とも、使用している肉のパティは同じとのこと。うーん。でも「ビーフが主役」を売りにするのなら、パティ自体も分厚く、特別にジューシーさを増強させたものにしてほしいなあ…。肉汁感がないのがちょっと残念だと思いました。

■ドナルドがおとなしくなっちゃったの、どうして?

さて、ハンバーガー2つにポテトとコーラを10分で完食し、周りの記者たちからドン引きされつつも、いい感じに満腹になってそろそろ帰ろうかなと思ったのですが、やっぱり心の中で「彼」のことが気になっていました。

donaldo
夢に出てきそう

前回の試食会では舌好調だったドナルド、どうして静かになっちゃったのか。日本マクドナルドのPR部マネージャーの長谷川崇さんに直撃してみました。

――単刀直入にお聞きします。前回の発表会ではドナルドがはっちゃけて面白かったんですが、今日のドナルドは静かでした。何かあったんですか?

はい…前回は少々はっちゃけていたのですが、発表会後にミーティング沙汰になりまして…。

――社内で問題になったんですね…。でも、今日のドナルドは大人しすぎて、正直あまり面白くなかったです。

申し訳ありません…。次回はドナルドのリミッターを外すよう、善処します。

――ところでさっきドナルドが、日本第1号店のユニフォームを見て「懐かしいね」と言っていましたが、ドナルドって何歳なんですか?

ドナルドはドナルドです。発表会前に流れていた日本第1号店の開店当時の映像にも写っていましたよね?

――え?同一人物なんですか?

そうですよ。ドナルドはドナルドです。

――お、おう…。うん…まぁいいや。ビーフ100%ハンバーガー2連発、ごちそうさまでした。

マクドナルドの 「1971 炙り醤油ジャパン」「1955 スモーキーアメリカ」(ともに単品490円)「クラシックフライ はちみつマスタード」(単品330円)は7月6日から期間限定で発売されます。

関連記事マクドナルドの「裏メニュー」本気なの? 怒涛のベーコン3連発を食べてみた

▼画像集が開きます▼

Close
お肉大好き!
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡