Huffpost Japan

秘密の庭「ラス・ポサス」ここは世界中どこを探してもないような場所(画像)

投稿日: 更新:
印刷

アーキデイリーに掲載された記事を翻訳しました。

イギリスの小説家エドワード・ジェームスは、20世紀の最も変わったシュールレアリズム(超現実主義)アート収集家の一人だ。

1940年の終わり、ジェームスはメキシコ中部の街ヒリトゥラを訪れた。この地の美しさに心を奪われた彼は、世界中どこを探してもないような、彫刻の庭がある家「ラス・ポサス」を作ることにした。

シュールレアリズムの創造の源は夢や潜在意識だ。理論上では、家などの物体を作る場合に使われることはない。

しかし、ジェームスは、サルバドール・ダリが「シュールレアリズムを全部あわせても、エドワード・ジェームスよりクレイジーになることはない」と表現した男だ。どんな建築のカテゴリーにも分類されず、ファンタジーとリアリティーの間を揺れ動くような、家と彫刻の庭をデザインした。

■ 建築の庭

ジャングルに囲まれた彫刻の庭には、川が流れ滝もある。デザインをしたのはエドワード・ジェームス本人と、彼がガイドとして雇ったプルタリコ・ガステルンだ。

探検の途中で、二人が川で身体を洗っていると、蝶の群れがジェームスとガステルンを囲んだ。これを何かのサインだと考えたジェームスは、1947〜49年に彼の「エデンの園」を作り始めた。

最初の数十年は、植物を育てることに集中したが、1962年、暴風のために果樹園が破壊されてしまった後は、庭と自然に近い形をした建築物を作り始めた。

それ以来、彫刻の庭は創造と雇用を生み出す場所になった。ラス・ポサスの建設には、大工やれんが職人、庭師など地元の人約150人が携わった。

エドワード・ジェームスは1984年、イタリアに旅行中に他界した。その後1991年に、ラス・ポサスは一般公開された。

■ ラス・ポサス、その建築について

彫刻の庭は、長い年月をかけて、秩序の無い、しかし自然とのハーモニーが感じられる街になった。コンクリートで作られた頭や手、石で作られた蛇、目の形をしたバスタブ。ジェームスは、目の形をしたバスタブで鯉を飼いながら身体を洗ったという。

途中で建設が中断している建物もある。らせん階段を作る途中で止まってしまった建物は、まるで地平線へと続くかのようだ。

彫刻の庭を歩いていると、まるで忘れられた町を歩いているかのような気持ちになる。ここを訪れた人は、その場の雰囲気に自分を浸らせ、思いを馳せる。日々の問題で心を悩ますことはなく、その瞬間を楽しむのだ。

シュールレアリズムの創始者アンドレ・ブルトンは、シュールレアリズムとは「論理にコントロールされずに作られる考えであり、どんな美の基準やモラルにもとらわれない」と説明している。

ラス・ポサスの全ての建物には、この考え方が生きている。ここにある建物は、建築学校で教わることとは、まるで反対だ。ラス・ポサスは建築を学ぶ場所ではなく、新しい経験を発見する場所だ。

ラス・ポサスは、我々が暮らす街で再現できるものではない。しかし、我々が作る建築物を、新しい視点から見るための助けとなる。新しい生き方は、新しい視点から生まれる。

メキシコにある「秘密の庭」をのぞいてみよう。

Close
秘密の庭「ラス・ポサス」
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

In partnership with ArchDaily.
archdaily