Huffpost Japan

「ポケモンGO」なぜか韓国でゲットだぜ! 北朝鮮との境界近くに押し寄せる人々

投稿日: 更新:
印刷
spinner

アメリカやオーストラリアなどで爆発的な人気になっているオンラインゲーム「ポケモンGO」。

韓国では未リリースのこのゲームが、なぜか韓国東端の都市・束草(ソクチョ)ではプレイできる。ソウルからバスで約3時間と比較的近いこともあり、多くの韓国人がこの地方都市に押し寄せている。

束草でポケモンGOができるって聞いて行ってみたら、束草だけで11匹ゲットした!!!!
束草の高速バスターミナル前にあるモーテルを巡って、一晩の血湧き肉躍るジム争奪戦www

週末、ソウルから束草へ向かう高速バスは予約が殺到。売り切れが続出している。

人口約8万2000人の束草の街は、スマホ歩きをする人々が至る所に見られる。

なぜ韓国で本来プレイできないはずのポケモンGOが、束草だけ可能なのか? 正確な理由は不明だが、ハフポスト韓国版によれば、開発元が作成した地図情報が理由のようだ。

ポケモンGOを開発したナイエンティック(Niantic)社は、過去に「イングレス(Ingress)」という位置情報ゲームを開発しており、イングレスの地図情報がそのままポケモンGoにも使われている。

Googleの社内ベンチャーとして発足したナイエンティック社は、Google Mapsのデータをもとに、全世界の地図を菱形の「セル」で区切っているが、北朝鮮との軍事境界線に近い束草は、「セル」上で韓国ではなく、北朝鮮に含まれている。

sokcho

このためか、ソウル北部の軍事境界線上にある板門店(パンムンジョム)でプレイできたとの報告もある。

View post on imgur.com

実は北朝鮮は2013年からGoogle Mapsを解禁しており、ポケモンGOにも特に規制はないとみられるが、韓国は軍事機密や国内業者の保護を理由に、海外の事業者が地図データを国外に持ち出すことを厳しく制限している。

事実上、韓国の地図データは国外のサーバーに移植できないため、韓国内ではストリートビューや渋滞情報などの機能も使えない。Googleは2010年に韓国政府に位置情報の提供を申請して拒否され、2016年6月に再申請した。近く結論が出る見込みだ

束草市の市長も、市長室でモンスターをゲットした

市役所は無料WiFiマップを公開するなど、降ってわいた観光需要をゲットしようと躍起になっている。

関連記事ポケモンGO、ホロコースト追悼施設や戦没者墓地にまで出現して問題に

ポケモンGOが海外で大人気。アクティブユーザー数でTwitterに迫る勢い

ポケモンGO旋風が世界を席巻 任天堂の株価は約9000億円アップ、日本での公開も今週中か | TechCrunch Japan