NEWS

北朝鮮が弾道ミサイル3発を発射 韓国のTHAAD配備に反発か

2016年07月19日 16時02分 JST | 更新 2016年07月19日 16時18分 JST
KCNA KCNA / Reuters
A test launch of ground-to-ground medium long-range ballistic rocket Hwasong-10 in this undated photo released by North Korea's Korean Central News Agency (KCNA) on June 23, 2016. REUTERS/KCNA ATTENTION EDITORS - THIS PICTURE WAS PROVIDED BY A THIRD PARTY. REUTERS IS UNABLE TO INDEPENDENTLY VERIFY THE AUTHENTICITY, CONTENT, LOCATION OR DATE OF THIS IMAGE. FOR EDITORIAL USE ONLY. NOT FOR SALE FOR MARKETING OR ADVERTISING CAMPAIGNS. NO THIRD PARTY SALES. NOT FOR USE BY REUTERS THIRD PARTY DISTRIBUTORS. SOUTH KOREA OUT. NO COMMERCIAL OR EDITORIAL SALES IN SOUTH KOREA. THIS PICTURE IS DISTRIBUTED EXACTLY AS RECEIVED BY REUTERS, AS A SERVICE TO CLIENTS. TPX IMAGES OF THE DAY

北朝鮮は7月19日朝、日本海に向けて弾道ミサイル計3発を発射した。韓国軍合同参謀本部が明らかにした。朝日新聞デジタルなどが報じた。

毎日新聞では、北朝鮮がミサイル3発を発射したのは、平壌近郊の黄海北道(ファンヘプクド)黄州(ファンジュ)付近だったと、米韓両軍の発表を報じた。そのうち2発は北東に約500〜600キロ飛行し、日本海に落下。残る1発は調査中という。米戦略軍は1、2発目が短距離弾道ミサイル「スカッド」で、3発目は中距離弾道ミサイル「ノドン」と見ている。

韓国軍合同参謀本部は今回のミサイルの飛行距離について、「釜山を含め、韓国全域を目標として打撃できる十分な距離」としているという。

アメリカと韓国は、北朝鮮の弾道ミサイルを迎撃するためのミサイルシステム「THAAD(サード)」の在韓米軍への配備を決めたばかり。北朝鮮のミサイル発射は、それへの対抗措置の可能性がある。

【関連記事】


韓国に迎撃ミサイルシステム「THAAD」配備決定 中国は「強烈な不満」


韓国首相、生卵やペットボトル投げつけられる 迎撃ミサイル配備で地元住民が猛抗議

関連記事

北朝鮮の軍事パレード