Huffpost Japan

北朝鮮が弾道ミサイル3発を発射 韓国のTHAAD配備に反発か

投稿日: 更新:
NORTH KOREA MISSILE
6月22日に北朝鮮が発射に成功した中距離弾道ミサイル「ムスダン」 | KCNA KCNA / Reuters
印刷
spinner

北朝鮮は7月19日朝、日本海に向けて弾道ミサイル計3発を発射した。韓国軍合同参謀本部が明らかにした。朝日新聞デジタルなどが報じた。

毎日新聞では、北朝鮮がミサイル3発を発射したのは、平壌近郊の黄海北道(ファンヘプクド)黄州(ファンジュ)付近だったと、米韓両軍の発表を報じた。そのうち2発は北東に約500〜600キロ飛行し、日本海に落下。残る1発は調査中という。米戦略軍は1、2発目が短距離弾道ミサイル「スカッド」で、3発目は中距離弾道ミサイル「ノドン」と見ている。

韓国軍合同参謀本部は今回のミサイルの飛行距離について、「釜山を含め、韓国全域を目標として打撃できる十分な距離」としているという。

アメリカと韓国は、北朝鮮の弾道ミサイルを迎撃するためのミサイルシステム「THAAD(サード)」の在韓米軍への配備を決めたばかり。北朝鮮のミサイル発射は、それへの対抗措置の可能性がある。

【関連記事】


韓国に迎撃ミサイルシステム「THAAD」配備決定 中国は「強烈な不満」


韓国首相、生卵やペットボトル投げつけられる 迎撃ミサイル配備で地元住民が猛抗議

画像集が開きます

Close
北朝鮮の軍事パレード
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡