Huffpost Japan

「ポケモンGO」に続けと韓国で「ポロロGO」リリースへ...しかし前評判はイマイチ

投稿日: 更新:
印刷

「ポケモンGO」人気が熱い。拡張現実(AR)を活用したこのゲームは、リリース後1カ月もたたずに世界で最も有名なアプリに名を連ねた。まだ正式にリリースされていない韓国でも人気が沸騰している。地図情報の関係でゲームをプレイできる韓国東海岸の束草(ソクチョ)は、韓国全土から集まった「ポケモントレーナー」でごった返している

韓国でもARを活用したゲームを制作する動きが出てきた。7月18日、韓国のファイナンシャルニュース紙は、ARサービスを展開する企業が「ポロロGO」というゲームをリリースする計画だと報じた。

pororo

「ポロロ」は、韓国で2003年から放映されている子供向け人気アニメのキャラクター。日本でも「ポンポンポロロ」としてインターネットで放送されている。このアニメを制作する企業と、ARサービスを展開する「ソーシャルネットワーク」社が提携して制作するという。

4518590

ゲーム専門メディア「Inven」によると、ソーシャルネットワーク社の社長は「『ポケモンGO』が、大人が単に遊ぶためのARゲームであるなら、子供も楽しく参加できる教育的なARゲームという点が『ポロロGO』との違いになるだろう」と話している。

朝鮮日報によると、ソーシャルネットワーク社はすでに2015年、ポロロなど韓国のキャラクターを使ったARアプリをリリースしている。

「ポロロGO」はソーシャルメディアでも話題になったが、反応はよくなかった。

「ポケモンGO」ブームに続けと「ポロロGO」が出る

ホンマに出しよった
もう少し別の名前はつけられなかったのか
ポロロGO? ポロロと友達を捕まえるの? 子供の夢を壊すようなことを…
頭おかしい奴らめ。ゲームは教育のためにするんじゃない、楽しいからやるんだ。なぜ教育用ソフトなんて作るんだ

ハフポスト韓国版に掲載されたものを翻訳、加筆しました。

関連記事
「ポケモンGO」韓国の街に観光客が殺到 未対応なのになぜプレイ可能?(動画・画像集)


ポケモンGO、ホロコースト追悼施設や戦没者墓地にまで出現して問題に


「ポケモンGO」がうつ病や不安神経症を改善する 精神医学の専門家「前例ない効果」

Also on HuffPost:

Close
ポケモンGOに世界が熱狂
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡