NEWS

トランプ氏を大統領候補に正式指名「アメリカを再び偉大にする」 共和党全国大会

2016年07月20日 21時05分 JST | 更新 2016年07月20日 21時05分 JST
Mike Segar / Reuters
Republican U.S. presidential nominee Donald Trump speaks live via satellite from Trump Tower in New York City during the second session at the Republican National Convention in Cleveland, Ohio, U.S. July 19, 2016. REUTERS/Mike Segar

アメリカのオハイオ州で開かれている共和党大会で7月19日(日本時間20日)、実業家のドナルド・トランプ氏(70)が同党の大統領候補に正式に指名された。11月の本選挙で、民主党の候補指名が確実なヒラリー・クリントン前国務長官(68)との戦いに挑むことになる。ハフポストUS版などが報じた。

トランプ氏は2472人の代議員のうち7割近くの1725人を獲得し、党の大統領候補に正式に指名された。副大統領候補には、トランプ氏が選んだインディアナ州のペンス知事が指名された。

NHKニュースによると、トランプ氏は地元ニューヨークからスクリーンを通して演説。「指名を受けたことを誇りに思う。雇用を取り戻し、軍隊を再建し、国境を強化する。アメリカを再び偉大にする」と述べたという。


■共和党重鎮の欠席相次ぐ

過激な発言を繰り返すトランプ氏の選出をめぐっては、共和党内部で異論も根強い。毎日新聞によると、党大会は重要行事なのにも関わらず、元・前大統領のブッシュ親子や過去2回の党大統領候補であるマケイン上院議員、ロムニー元マサチューセッツ州知事らが欠席したという。

【関連記事】


ドナルド・トランプ氏のメラニア夫人、ミシェル・オバマ夫人のスピーチを盗用?

ドナルド・トランプ氏の世界地図はこうなっている【画像】

ドナルド・トランプの選挙参謀は語る「この大統領選はそんなに難しくない」

関連記事

表情豊かなドナルド・トランプ氏