ライフスタイル

シェフが教える週末の肉レシピ。ローストチキンにする? それともポーク?

2016年07月22日 19時46分 JST | 更新 2016年07月22日 19時48分 JST

SHUTTERSTOCK

ローストチキン、ローストポーク……。

ロースト(あぶり焼き、蒸し焼き)するレシピで、一番大事なのはカリカリの皮。

週末のディナーは、ロースト料理がぴったりです。

あなたが何人の友だちを招待しようが、家族や自分のために作ろうが、ローストディナーを用意するのは、とっても簡単で、おいしくて、素晴らしい残り物ができます(みんなが大好きなチキンサンドイッチにも)。

あなたが今までで一番美味しいロースト料理を作れるように、ハフポスト・オーストラリア版はパブリック・ハウスマネージメント・グループとコラロイホテルのエグゼクティブ料理長のベン・バレラ氏の協力を得て、最も大切なポイントや、彼のお気に入りのレシピをシェアしてもらいました。

■コツとポイント

1.質のよい肉を選ぶ

「上質のタンパク質を含んだ肉を使いましょう。少し値は張るかもしれませんが、結果的にできあがる物にその価値はあります」と、バレラ氏はハフポスト・オーストラリア版に語りました。

もしあなたが、どの部位を買えば良いのか分からなければ、地元の肉屋に行って、栄養価の高い味のしっかりしたロースト肉のおすすめを聞けば良いのです。

肉汁たっぷりの料理に合わせて、お気に入りの野菜をローストしましょう。

SHUTTERSTOCK

2.旬の野菜を使う

最高の味と高い栄養価を得るには、旬の食材を使いましょう。

「最も良い旬の野菜を見つけるには、地元の八百屋に行ってみて下さい」と、バレラ氏は語る。「ベストの野菜を探すことも楽しみの一部です」

3.練習を重ねる

ローストした肉を一生懸命焼いて食卓に座り、それがパサパサだったりゴムのような食べ応えだったりしたことがありますか? ご心配なく。ぴったりの焼き時間が分かるようになるには、少し練習が必要なのです。

「習うより慣れろです。あなたのロースト肉がオーブンでどうなったか必ずメモを取り、それに合わせて、温度やロースト肉を置く位置を調整するようにしましょう」とバレラ氏はアドバイスします。

SHUTTERSTOCK

■ローストポーク、手作りアップルソース添え

このシンプルで簡単なローストポークは、ジューシーな豚ばら肉のカット自体が美味しさを語ってくれます。ポークのカリカリの歯ごたえに加えて、アップルソースとザワークラウトが油っぽさをすっきりさせます。

「アップルソースは手作りしましょう。とても簡単にできて、お店で買うより100倍美味しいですよ!」

材料:

豚バラ肉の分厚いかたまり 1

オリーブ油と塩、こしょう 適宜

ニンジン 3本 半分に切る

バニラアップルソース:

リンゴ 4個 皮をむき、細かく切る

バニラエッセンス 小さじ1/2

シーソルト 適宜

バター 50グラム

作りかた

1、オーブンを120度に予熱する。豚バラ肉を大き目の耐熱皿に入れ、約1リットルの熱湯を肉にかける。小型ナイフで優しく皮に切れ目を入れる。お湯を耐熱皿から捨てる。ニンジンをポークに加え、2時間ローストする。

2、ポークを取り出し、軽くたたいて水分を取る。オーブンを220度にする。オリーブ油とシーソルトを肉に刷り込む。皮がパリパリになるまで15分焼く。

3、マッシュポテト、ザワークラウトとバニラアップルソースと一緒に盛り付ける。

アップルソース:

全ての材料を小さな鍋に入れる。フタをして弱火でリンゴが柔らかくなるまで煮る。少し冷まして裏ごしにする。

スッキリさせてくれるザワークラウトをお忘れなく。

PUBLIC HOUSE MANAGEMENT GROUP

■タイムのローストチキン

ローストチキンは作るのが、最も簡単な夕食メニューのひとつですが、このチキンを他と分けるのは、一手間のステップなのです。漬け水に鶏肉を漬け込みます。

鶏肉を一晩、漬け水に漬けることによって、肉がよりしっとりして皮はパリッとして、深い味わいになり、おいしいです。

材料

1.6~2キロの鶏肉 *漬けておいたもの1つ

バター 150グラム

タイム 一束を刻んだもの

にんじん 3本を半分に切ったもの

塩 こしょう 適宜

*漬け水

お湯 4リットル

塩 3/4カップ

砂糖 2/3カップ

しょうゆ 3/4カップ

オリーブ油 1/2カップ

アガー 100グラム

作りかた

1.漬け水を作るには、全ての材料をお湯に入れて冷ます。鶏肉を一晩漬け、水に漬け込む。朝になったら水を捨て、鶏肉を軽くたたいて水分を取る。

2.オーブンを180度に予熱する。鶏肉にバターとタイムを塗りこみ、塩コショウでしっかり味付ける。半分に切ったにんじんを天板に置き、その上に、鶏肉を皮を下にして置く。胸をホイルで包み1時間ローストする。

3.ホイルを取り除き、もう20分間ローストする。身の部分を竹串で刺し、流れ出る肉汁が透明ならばできあがり。お好きな季節のローストしたり蒸したりした野菜と一緒に盛り付ける。

もし残り物ができれば、チキンを割いてサンドイッチやスープに加えましょう。

SHUTTERSTOCK

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

関連記事

長生きするために食べておきたい17の食材