Huffpost Japan

「民主党はサンダースを勝たせたくなかった」ウィキリークスが暴露 → 党の全国委員長が辞任に追い込まれる

投稿日: 更新:
KRIS CONNOR VIA GETTY IMAGES
KRIS CONNOR VIA GETTY IMAGES
印刷

7月25日から4日間の日程で始まる、アメリカ民主党全国大会。ところが、開幕の前日から波乱が起きた。党全国委員長のデビー・ワッサーマンシュルツ氏が「党大会が終わった後に委員長を辞任する」と発表したのだ。

引き金になったのは、22日に発表された内部告発サイト「ウィキリークス」の告発だ。同サイトは、民主党全国委員会の幹部の間で交わされた1万9252通にも上るEメールを公開。民主党予備選挙で、ヒラリー氏がサンダース氏に勝つよう働きかけていたことを明らかにした。

例えば、委員会の最高財務責任者である、ブラッド・マーシャル氏は、サンダース氏が「無神論者」であることを理由に、同氏に不利な選挙戦を仕掛けようとしたと思われるEメールを送っている。

From:MARSHALL@dnc.org To: MirandaL@dnc.org, PaustenbachM@dnc.org, DaceyA@dnc.org Date: 2016-05-05 03:31 Subject: No shit

It might may no difference, but for KY and WVA can we get someone to ask his belief. Does he believe in a God. He had skated on saying he has a Jewish heritage. I think I read he is an atheist. This could make several points difference with my peeps. My Southern Baptist peeps would draw a big difference between a Jew and an atheist.

そんなに大きな影響はないかもしれないが、ケンタッキー州とウエストバージニア州で、誰かに宗教的信条について質問してもらうのはどうだろう。彼は神を信じているのだろうか。ユダヤ人の家系であることを明らかにしているから、私は彼が無神論者ではないかとみている。無神論者であるとわかれば、支持しない人もいるだろう。

Eメールでは人物の名前は書かれていないが、サンダース氏だとみられている。マーシャル氏自身は「メールはサンダース氏について触れたものではない」と疑惑を否定している

民主党がサンダース氏を、支援しない態度をとっていることを、党全国委員長のワッサーマンシュルツ氏は、何カ月前からも批判されていた。同氏は11月の大統領選までは委員長の座に留まると主張していたが、今回のウィキリークスのEメール公開により、辞任を避けられなくなった。

「アメリカの将来のために、必ずヒラリー・クリントンを次の大統領に選ばなければいけません。彼女が必ず勝利を手にするために、フロリダ、そして全国で彼女のキャンペーンを支援します。そのために、私は党大会の後に民主党の全国委員長を辞任します」とワッサーマンシュルツ氏は述べた。

大統領選の期間中、副委員長のドナ・ブラジル氏が、暫定的に委員長を務める、と民主党は発表した。

予備選挙の期間中、サンダース氏と彼のサポーターは「ワッサーマンシュルツ氏と党の幹部が討論会のスケジュールを意図的に操作している」など、党の態度を批判していた。

「党は全ての候補者を公平に扱わなければいけないはずだ。しかし、党がヒラリー・クリントンを支持し、私の陣営に反対していたことは明らかだ」とサンダース氏は24日に発言している。

しかしサンダース氏は、「今回のウィキリークスの暴露によって、ヒラリー氏への支持を変えることはない。共和党の候補者ドナルド・トランプ氏を倒すために、ヒラリー氏を助ける」と、ヒラリー氏を支持し続ける態度を明らかにした。

ハフポストUS版に掲載された記事を加筆・翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
サンダース vs クリントン
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド