Huffpost Japan

「最愛の人を失った遺族に深い哀悼」アメリカ政府当局の報道官が異例の声明【相模原殺傷事件】

投稿日: 更新:
SAGAMIHARA
相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」に入る消防隊員(撮影日:2016年07月26日) | EPA時事
印刷

相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で7月26日午前2時半すぎに発生し、19人が殺傷されるなどした事件で、アメリカNSC(国家安全保障会議)のプライス報道官が「遺族に対し深い哀悼の意を表する」と声明を発表した。日本で発生した社会的な事件についてNSCが声明を発表するのは異例。声明はホワイトハウスの公式サイトで公開された

プライス報道官は声明で、「アメリカ合衆国は、憎むべき攻撃で最愛の人を失った遺族に対し、深い哀悼の意を表する」と弔意を示した

その上で、「この攻撃が障害者施設で起きた事実は、事件を一層不快で無分別なものにしている。こうした暴力には、いかなる弁解の余地もない」と、強い言葉で事件を非難。「アメリカ国民の心は友人である日本人の心と共にある」とした。

■各国メディアはどう報じたか

CNNは「戦後最悪の大量殺人事件の一つ」「稀に見る大量殺人事件で、日本に衝撃が走った」と事件の凄惨さを伝えた。その上で、「銃の規制が厳しく制限されているせいか、(銃犯罪よりも)刃物による大規模な殺傷事件や(薬物などによる)中毒事件がよく起こる」とし、2008年6月に発生した東京・秋葉原の無差別殺傷事件や1995年の地下鉄サリン事件などを紹介した。
また「(相模原という地名は)2012年にオウム真理教メンバーの菊地直子被告が(相模原市内で)逮捕された時、世界でニュースの見出しとなった」と伝えた。

BBCも、「銃規制が非常に厳しい日本では、大量殺人事件は異例の事件」とした上で、2008年の秋葉原無差別殺傷事件や、2001年6月に大阪府池田市で発生した池田小殺傷事件などについて触れた。

中国国営の新華社通信は、NHKの報道を引用しながら事件概要を伝えた。その上で、「怨恨が生じて、暴力的な事件を引き起こした」と容疑者について報じた。

関連記事
相模原の障害者施設「津久井やまゆり園」、入所者刺され19人死亡 26歳男逮捕

「津久井やまゆり園」とは? 元職員が入所者を刺し19人死亡

▼画像集が開きます▼

Close
相模原・津久井やまゆり園事件
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡