Huffpost Japan

大麻の陽性反応が2月に出ていたと相模原市、殺傷事件で容疑者の男

投稿日: 更新:
SAGAMIHARA
知的障害者施設「津久井やまゆり園」での殺傷事件で、逮捕された植松聖容疑者が出頭時に乗っていたとみられる車=26日午前、神奈川県相模原市緑区の神奈川県警津久井署脇 ※一部画像処理(車のナンバーにモザイク)してます。  撮影日:2016年07月26日 | 時事通信社
印刷

相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で7月26日午前2時半すぎに発生し、19人が殺傷されるなどした事件で、殺人未遂容疑で逮捕された元職員の植松聖容疑者(26)について、相模原市は2月に入院先の病院で大麻の陽性反応が出ていたことを明らかにした。共同通信などが報じた。

本人のものとみられるTwitterには、「マリファナは危険ではない」と書かれた画像が使用されていた。

NHKニュースによると、植松容疑者は2016年2月18日、同園の勤務中に他の職員に対して「重度の障害者は安楽死させたほうがいい」などと話したことから、翌19日に施設が警察に通報していた。

また、その前の2月14日に植松容疑者は衆議院議長の公邸で手紙を渡そうとしていたことから、警察は「他人を傷つけるおそれがある」と判断し、市に連絡。これを受けて市は医師の診断の上で植松容疑者を措置入院させていた。大麻の陽性反応が出たのはこの措置入院の時で、2月22日に別の2人の医師が再度診断し、「大麻精神病」や「妄想性障害」などと診断された。しかし、症状がなくなったことなどを理由に、植松容疑者は3月2日に退院していた。

関連記事
相模原の障害者施設「津久井やまゆり園」、入所者刺され19人死亡 26歳男逮捕

「津久井やまゆり園」とは? 元職員が入所者を刺し19人死亡

▼画像集が開きます▼

Close
相模原・津久井やまゆり園事件
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡